車検はディーラー?それとも専門店や量販店?それぞれのメリットとデメリットは?

車検

現在、車検を受けられる場所はディーラーをはじめ、専門店や量販店など数多く存在しています。車検は定期的に受けなければならないため、業者選びに迷っている人も少なくないでしょう。では、ディーラーと専門店や量販店での車検、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

Chapter
徹底した整備のディーラー、早さと安さなら専門店

徹底した整備のディーラー、早さと安さなら専門店

ディーラー車検、専門店やカー用品の量販店で受けられる車検には、それぞれメリットとデメリットが存在しています。

まず、ディーラー車検のメリットは、点検や整備に対する信頼感の高さでしょう。

ディーラーは、そもそも特定のメーカーと特約店契約を結んだ販売店のことです。そのため、そのメーカーの車種に対して深い知識と、高い整備技術を持っています。

このことから、車検の専門店やカー用品の量販店と比較しても、質の高い点検整備を受けることができるといえるでしょう。

また、次回の車検まで確実にその車の安全性と性能を確保するため、細部にわたる予防整備と純正品を用いた部品交換が行われます。

これらは、ユーザーにとっては整備に対する安心感が増すものの、反面デメリットとなります。

なぜならば、点検項目が多くなればなるほど車検に時間がかかり、新品の純正部品を用いた整備は費用がかさむ傾向にあるからです。

以上のことから、純正部品を用いた徹底した整備で安心できる車検を受けられる一方、時間や費用がかかるのがディーラーでの車検といえるでしょう。

そして、車検の専門店やカー用品の量販店で受けられる車検は、まず車検費用が安く抑えることができるのがメリットとなります。

車検費用は、法定費用・車検基本料・部品交換代という内訳になりますが、車検の専門店やカー用品の量販店では、業者が独自に設定できる車検基本料を安く設定しているところが多くあります。

さらに、点検する項目を絞り、過剰な予防整備を減らすことで、最低限車検に通る状態にするという点検整備も行うことができます。

車検にかかる時間自体も短いことが多く、最短45分や1時間程度で車検が終わると掲げている業者も少なくありません。

デメリットとなるのは、積極的に点検整備を行わないことが挙げられるでしょう。

予防整備まで行うディーラー車検と比較すれば、車検が終わった後に点検をしていない箇所に、なんらかの不具合が発生する可能性もあるでしょう。

つまり、車検の専門店やカー用品の量販店で受けられる車検は車検費用を抑えたスピーディな車検が受けられるのがメリットとなるものの、点検整備を行わない箇所に不安が残るのがデメリットとなるのです。

ディーラー車検と車検の専門店やカー用品の量販店での車検には、それぞれメリットとデメリットがあります。

良い点も悪い点も把握した上で車検を受けることができれば、納得度の高い車検が受けられるといえるでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細