「ヘイ! メルセデス」AI内臓した新型Aクラスはどんな車に?

メルセデス・ベンツのエントリーモデル Aクラスの次期型が、オランダ(アムステルダム)で発表されました。4代目となる新型Aクラスは、どんなモデルになるのでしょうか?

Chapter
Aクラスはどんなモデル?
次期型はどんなモデルに?
人口知能を内蔵した新型Aクラス

Aクラスはどんなモデル?

メルセデス Aクラス 2015

Aクラスは、メルセデス・ベンツのエントリークラスに位置づけられるコンパクトカーです。

その意匠は、明らかにメルセデスのそれと分かるものですが、スポーティさを際立たせた各部のフィニッシュは、メルセデスワールドの入口として、若年層を狙ったものになっています。

こういったスポーティさが強く意識されるようになったのは3代目からで、それまでのAクラスは、コンパクトサイズのミニバンといったコンセプトでした。

現在は、同じFFプラットフォームを持つBクラスもラインナップ。扱いやすいサイズや利便性の高さなど、日本の交通事情に適したモデルと言うこともできます。

次期型はどんなモデルに?

メルセデス Aクラス 2018

スタリングは、現行モデルのスポーティさが受け継がれるようです。

ホイールベースが30mm延長された新型Aクラスのボディサイズは、全長4,419mm×全幅1,796mm×全高1,440(1,445)mmで、現行モデルよりも拡大。それにともない室内空間も広くなり、居住性と積載性を向上しています。

現在のところエンジンは、1.4L(A200)と2.0L(A250)のガソリン仕様と、1.5L(A180d)のディーゼル仕様の3種類。日本での主力機種になるであろうA200用1.4L 4気筒エンジンは、最高出力120kW(163ps)/5,500rpm、最大トルク250Nm(25.5kgm)/1,620rpmを発生。カムトロニック(気筒休止機構)によって燃費とパワーを両立させています。

ミッションは、ツインクラッチの7速DCTまたは6MTが組み合わせられることになりますが、日本では7DCTのみになるでしょうね。

また欧州ではガソリンモデルと同時にディーゼルも販売されるとのことですが、日本にも導入されるかどうかが気になるところですね。

人口知能を内蔵した新型Aクラス

メルセデス Aクラス 2018

次期モデルで目玉のひとつとなっているのが人工知能の搭載です。新型Aクラスでは、MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)というシステムが、はじめて採用されることになります。

MBUXは、人工知能による学習機能を備えており、高解像度のタッチ式大型液晶パネルにナビゲーションシステム、ステアリングのダッチコントロールボタン、そして新しくなった音声アシスタント”LINGUATRONIC”などによる制御システムです。

新しくなったLINGUATRONICは「ヘイ、メルセデス」と呼びかけることで操作ができるようになります。まるでiPhoneの「Hey Siri」や「OK グーグル」を彷彿させる機能ですね。

また自然対話に対応しており、ドライバーは「暑い」というだけで、車両がドライバーの好みの温度まで調整してくれると言います。これまでの機械対人ではなく、人対人のような自然なボイスコントロールが実現できそうです。