日本の"機械遺産"に認定されたスバル 360「てんとう虫」とはどんな車?

スバル360

今回は、当時の画期的なアイデアとともにスバル360が、機械遺産に認定された背景を探っていきます。

2016年に機械遺産として認定されたスバル 360。機械遺産というのは、歴史に残る機械技術関連遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的に日本機械学会が認定したもので、主に産業革命以降の工業化がなされた時代の機械が対象になっています。スバル360がなぜ、機械遺産に認定されたのでしょうか?

Chapter
スバル 360とは?
スバル360に投入された数々の斬新なアイデア
スバル360の後継車は短命で終了
スバル360には家族がいた
スバル360の中古車価格は?

スバル 360とは?

スバル 360は、現在のスバル(当時、富士重工業)が製造していた軽自動車で、1958年から1970年まで約39万2,000台が生産されました。

量産型の軽自動車では初の大人4人の乗車を可能とし、当時としてはすぐれた走行性能を有していました。またコンパクトなボディーでありながら実用性も考慮されたクルマで、画期的なアイデアが多く取り入れられていました。

そして日本最初の大衆車とされ、同時にマイカーという言葉を誕生させたクルマでもあります。フォルクスワーゲンの大衆車、タイプ1が「ビートル(かぶと虫)」と呼ばれているのに対し、このスバル360は「てんとう虫」の名で親しまれています。

当時の自動車は、安くても100万円ほどで、月給数千円の庶民にはとても手の届くものはありませんでしたが、スバル360は数々の難題を乗り越え、42.5万円と破格を実現しました。

スバル360に投入された数々の斬新なアイデア

スバル 360のエンジンは当時の軽自動車基準に準じた356ccで、徹底的な軽量化を図るため、モノコック構造を採用。フロアパネル以外は0.6mmという薄さの鋼板が使われました。

それによる強度不足は、曲面を多用した卵型にすることで補っています。かわいいフォルムが、デザイン性ではなく設計上の都合だったというのは意外な点です。また、ボディー強度に影響のない部分はアルミ材が使用されました。

ルーフ部分には当時の新素材であったGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を使用。これが的中し、ボディーの軽量化だけでなく、車体の重心を下げるとともに車内に響くエンジンを車外に逃がすという、いくつもの利点を生み出しました。

また、スプリングをトーションバータイプにすることで室内空間を広くとる工夫をしたり、エンジンレイアウトをRR(リアエンジン・リアドライブ)とすることで重量増を抑制(プロペラシャフト分軽量にできる)、さらにガラスは重量がかさむことから、ボディーは開口部を狭くする工夫も施されていました。

しかし問題点もありました。当時は軽自動車用のタイヤというものが日本では作られていなかったのです。スバルは10インチのタイヤの開発をブリヂストンに依頼し、市販化にこぎつけました。

こういった数々の斬新なアイデアにより、スバル 360は歴史に名を残す自動車として評価されることとなりました。

【スバル 360のスペック】

エンジン:空冷2ストローク直列2気筒(EK-31型)
排気量:356cc
駆動方式:RR(リアエンジン・リアドライブ)
最高出力:16PS/4500rpm 
最大トルク:3.0kgm/3000rpm
全長:2,990mm
全幅:1,300mm
全高:1,330mm
車両重量:385kg

(1958年5月発売当時のスペック)

<次のページに続く>
次ページ
スバル360の後継車は短命で終了