なぜチタンマフラーを選ぶのか?マフラーの種類とその効果とは?

マフラーに使われる素材には、スチール、ステンレス、チタンなどがあります。標準で装着されているものの多くはスチールですが、スポーツカーや高性能車ではステンレスやチタンが採用されていることもあります。ステンレス製はスポーツマフラーの素材として、昔から人気がありますが、近年はチタンの人気が高まっています。軽くて耐久性があり、見た目の美しさも魅力のチタンマフラーですが、高額である分の効果を得られるかが気になるところです。ここでは、チタンマフラーに交換するメリットなどをまとめてみました。

Chapter
スチール、ステンレス、チタンのそれぞれの特長
なぜがチタンマフラーを選ぶのか?

スチール、ステンレス、チタンのそれぞれの特長

スチールマフラー

スチールマフラー

加工がしやすく安価に製作できるスチールは、多くの車に標準装備されています。

防錆処理が施されてはいますが、塩分の多い海沿いの地域や、融雪剤がまかれる降雪エリアでは、溶接部のサビに要注意です。

ステンレスに比べてスチール製マフラーの音質は、低めになります。

ステンレスマフラー

ステンレスマフラー

スチールより高額になりますが、サビや腐食に強く、軽量な素材であることが魅力です。加工もしやすく、チタンに比べて安価で販売されます。

またスチールとは異なり、研磨することで鏡面仕上げも可能であり、硬質な輝きが美しく、ドレスアップ効果も期待できます。

音質は、スチールに比べると高い音。高回転で、その差は大きくなります。

チタンマフラー

チタンマフラー

チタンマフラーには、オールチタン(フルチタン)や、ハーフチタン(基本的にはステンレスで、エンドパイプ部分など表に出ている部分がチタン)のほかに、ドレスアップを目的としたチタン製のマフラーカッターなどがあります。

加工が難しく、かなり高額なパーツ(フルチタンの場合、数10万円〜100万円単位も)ですが、軽量かつ高強度、さらにサビにも強いことがポイントです。なかでも質量は、ステンレスよりも軽く、同形のスチール製マフラーと比較であれば半分程度の重量になります。

また、チタンマフラーは甲高く乾いた音色になると言われており、この点に魅力を感じる方もいるようです。

次ページ
なぜチタンマフラーを選ぶのか?