日本ではイヴォークのみ!? SUVのオープンカーはなにが魅力?

レンジローバー イヴォーク

日本では、気候やライフスタイルの影響もあって市場の小さいオープンカーですが、その爽快感は他に代えがたいものです。屋根の取り外せる(格納できる)オープンカーは、スポーツモデルイメージが強い車種です。しかし、過去にはレジャービークルを始めとしたRVでも多く見られました。その波は、ふたたびの起こるのでしょうか?

Chapter
SUVカテゴリにも押し寄せた「オープンカー」
オープンカーのメリットは…
SUVとしての強み…
「日産 ムラーノ」にカブリオレモデルが!!

SUVカテゴリにも押し寄せた「オープンカー」

2016年から今年にかけて、北米では高級SUVモデルの売れ行きが好調のようです。なかでもレンジローバー イヴォーグは、2012年には北米カーオブザイヤー(トラック部門)を受賞するなど人気の車種となっています。

このイヴォーグのラインナップに、コンバーチブルがあります。

3ドアクーペをベースとし、電動開閉式ソフトトップを装備。18秒でオープン、21秒でクローズと、急の雨にも対応できる現代のオープンカー装備としています。

3ドアであることからも、これまでスポーツクーペが担っていたマーケットを奪う、野心的なモデルです。

オープンカーのメリットは…

オープンの最大のメリットは、いうまでもなく解放感です。風を受け、また日差しを感じ、空の下ドライブするのは最高に気持ちの良いものです。そのメリットを享受できるのは、これまでスポーツタイプか無骨なRVのいずれか。スタイリッシュなSUVへの投入は、珍しいケース。

スポーツモデルにおいて、軽量化・低重心化の効果もあるのがオープン化のメリットでした。またスポーツモデルは、室内空間が狭いことから、その解決策としての効果もありました。

とはいえ、現代のモデルではオープン化にともなう車体の設計変更と、電動格納ギミックの搭載により、車重(および価格)が増えてしまうというネガも指摘できます。

さらに日本に限っていえば、梅雨や台風など、雨天の多い気候であるため、あまりオープン/コンバーチブルモデルは売れないという実情があります。それでも、オープン時の爽快感は他に代えがたい魅力があるのも事実です。

<次のページに続く>
次ページ
SUVとしての強み…