クロスオーバー、クラブマンなど…MINIのグレード教えます。

BMW MINI

ファニーなルックスと、それに反して堅実な作り込みで人気を持つBMW MINI。2017年現在は、クラブマンやカントリーマンといった派生グレードもラインナップしています。今回は、現行MINIのグレードをチェックしてみましょう。

Chapter
変わらぬスタイルコンセプトを貫く、過去~現在のMINI
3ドアに、5ドア、コンバーチブルも加わった、MINI
SUVの波がMINIにも…クロスオーバー
現代の「エステート」、MINI クラブマン

変わらぬスタイルコンセプトを貫く、過去~現在のMINI

オリジナルのMINIはご存じのように、イギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)から1959年に発表されたモデル。そのコンパクトかつ愛くるしいデザインは、2017年現在でも多くのファンが存在します。

一方、現在生産されているMINIは、BMWが2001年に商標を取得し、そのデザインコンセプトを引き継いで開発されているもの。メーカーも中身も完全に別モノなわけですが、オリジナルから受け継いだコンセプトは多くの支持を集めていますし、オリジナルをオマージュしている点は、現行フィアット500やVWビートルにも通じるものがありますね。

2013年にフルモデルチェンジが行われ、3代目に進化したMINIは、オリジナルのMINIと決定的に違う点があります。それは、「サイズがミニじゃない」ということ。しかしこれは、快適性や安全性、走行性能を考えたら仕方のないことですし、進化を続けた結果と受け取ることもできます。

さて、現在のMINIのグレードをチェックしてみましょう。

3ドアに、5ドア、コンバーチブルも加わった、MINI

BMW MINIといえば3ドアのハッチバックというイメージですよね。もちろん3代目でも3ドアモデルは存在します。

エントリーモデルは、1.2Lガソリンエンジン搭載のONEで車両価格は230万円~。その上には、1.5Lディーゼルターボ搭載のクーパーD、そして2.0LターボのハイスペックモデルのMINI ジョン クーパー ワークス(JCW)も用意されており、ユーザーの予算、嗜好にあわせたラインアップとなっています。

また、MINIが欲しいけど子供や家族が…といった層には、5ドア仕様もラインナップされています。こちらも同様のラインアップとなっており、ONEは259万円~となっています。ただしJCW仕様は用意されていません。

もちろんコンバーチブルモデルもラインナップされており、こちらはJCW仕様もあり、オープンながらスポーツテイストも味わえるモデルとなっています。


MINI 3ドア/5ドア クーパーD

MINI クーパー コンバーチブル

<次のページに続く>
次ページ
SUVの波がMINIにも…クロスオーバー