ヘッドライト・リアフォグライト問題、正しい点灯方法とは?

夜間の走行には欠かすことのできないヘッドライト。そして視界不良の際、後続車へ自車の存在をアピールするリヤフォグは、安全走行のために必要な装備です。皆さんは使い方をしっかり理解していますか?誤った使い方は事故につながる危険性もあります。今回は初心にかえって、それぞれの使用法を再確認してみましょう。

Chapter
ヘッドライトの正しい使い方
あなたのヘッドライト、実は対向車の迷惑になっているかも
リヤフォグの正しい使い方を知らない人も多いって本当?

ヘッドライトの正しい使い方

アウディR8 LEDポジションライトとヘッドライト

夜間、街灯の少ない道を走る際、ほとんどの方がヘッドライトをハイビームにして使用しているかと思います。このハイビーム、対向車にとっては目が眩む眩しさであることはご存知の通りです。対向車とすれ違うたびにハイ/ローを切り替えるのは、ドライバーのマナーです。

また、夜間であるにも関わらず、ヘッドライトを点灯させずに走っている車も少なくありません。市街地は夜でも明るい場所が多く、さらには新しい車種では昼間でもメーターパネルが発光するようになっていることから、気づきにくくなっているのかも知れません。

しかし事故を起こしてしまえば、過失割合はもちろん小さくなることはありません。運転前に必ず確認するようにしましょう。

最近は、ヘッドライトのオン/オフを自動で切り替えてくれるオートライト機能や、ハイビームとロービームを自動で調整してくれるハイビームアシスタント機能などもあり、とても便利になっています。

ライトをつけ忘れることが多い、ハイビームの切り替えが面倒という人は、買い替え時にこういった装備を検討してみても良いかもしれません。

あなたのヘッドライト、実は対向車の迷惑になっているかも

夜間 ライト

ロービームなのに対向車からパッシングされる…なかにはこんな経験をされたことがある人もいるかもしれません。

その理由のひとつとして光軸のズレがあります。やたらと対向車にパッシングされると感じたら、行きつけのディーラーや整備工場で、光軸をチェックしてもらいましょう。

また、もうひとつの要因としては、ヘッドライトのカスタムが挙げられます。

現代はプロジェクターヘッドライトで効率よく光を照射する車が増えつつありますが、光を拡散させるタイプのマルチリフレクターもまだまだ現役です。

このマルチリフレクター式ヘッドライト、純正の状態ではほとんどの車が、ハロゲンバルブを搭載しています。

しかし、なかにはより輝度の高い青白い光に憧れてHIDを組み込んでいるという人もいるのではないでしょうか。

HIDはハロゲンランプに比べて、省電力で明るいのですが、光が拡散されすぎてしまい、結果、対向車にとって眩しいという現象が起きてしまいます。マルチリフレクタータイプは、ハロゲンバルブで最適な照射ができるように計算されているのです。

HID換装は車のカスタムとしてはメジャーですが、自己満足だけでなく、周囲の安全への配慮も忘れないでください。

すでに取り付けていてパッシングされた経験があるという人は光軸の再確認をおすすめします。

リヤフォグの正しい使い方を知らない人も多いって本当?

フロントフォグランプはその名の通り、濃霧の際などに、前方の視界を確保するためのもの。一方のリヤフォグは、後続車に自車の存在を知らせ、追突を避けるためのものです。

リアフォグランプは、濃霧や、雨が激しくタイヤのはね上げた水しぶきによって、後方にウォータースクリーンができてしまうなど、後続車が前走車に気づきにくい状況で使用します。そのため通常時に使う必要性はまずありません。

使用する判断は、前走車のテールランプが見えにくいと感じたときで良いでしょう。リアフォグランプは全方位に向けて光を照射するため、後続車にとってはハイビームで照らされているかのような眩しさを感じます。

最近はこのリヤフォグの誤使用についてSNSなどでも、話題となることが多くなっています。本人はカッコいいと思ってやっているのかもしれませんが、後続車にとっては迷惑極まりないものです。

交通事故は起きてからでは手遅れです。その可能性を少しでも減らすために、皆が意識するだけでも結果は変わってくるでしょうね。