なぜポルシェとスバルだけが水平対向エンジンを採用するのか?

ポルシェ 911 Carrera 4 GTS

現在、世界で水平対向エンジンを採用しているのは、日本のスバル(トヨタとの共同開発生産車含む)と、ドイツのポルシェのみ。以前は、アルファロメオやシトロエンなどにも採用されていた水平対向エンジンですが、最近ではめっきり減ってしまった印象です。その要因は何があるのでしょうか。

Chapter
水平対向エンジンとは?
水平対向エンジンのメリット
水平対向エンジンが衰退した理由
ポルシェとスバルが水平対向エンジンを採用し続ける理由

水平対向エンジンとは?

水平対向エンジンはその名の通り、クランクシャフトを中心にして、ピストンを左右、水平に配置したレイアウトが特徴です。

これにより、エンジンは軸方向に短く、上下に薄いフラットエンジン、左右バンクのピストンが対象で動くことから、ボクシング選手がグローブで打ち合う動作に例えて、ボクサーエンジンとも呼ばれます。

ちなみに、この水平対向エンジンを発明したのは、メルセデス・ベンツ生みの親であるカール・ベンツでした。

水平対向エンジンのメリット

水平対向を採用する理由のひとつに、まず振動の少なさが挙げられます。

水平対向エンジンは、向かい合った1組のピストンが、横方向に往復します。これにより、ピストン同士が互いの慣性力を打ち消し合い、振動を抑えられます。

また、直列やV型エンジンが上下方向に長いことに対して、水平対向エンジンは、シリンダーがフラットに配置されているため、全高が低くなり低重心化しやすく、高い走行安定性をもたらします。

さらに、等間隔爆発を採用しやすく滑らかなフィーリングとなります。

独特な排気音も特徴で、ファンにはボクサーサウンドとして親しまれており、これも水平対向エンジンのある種のメリットですね。

<次のページに続く>
次ページ
水平対向エンジンが衰退した理由