フォルクスワーゲンがティグアンで唱えるSUVのあり方とは?

VWのラインナップは非常に充実しており、Aセグメントのup!からゴルフ等が筆頭となるC、パサートのDセグメント、さらには、トゥーラン、トゥアレグといったミニバン、SUVもラインナップするなど、まったくもって隙がない状態。そして現在人気のコンパクトSUV市場に、勝負をかけているのが「ティグアン」です。

ティグアンは日本マーケットでどのような評価をうけるのか…

VW ティグアン

SUVといえば悪路も走る…というのが当初のコンセプト。しかしVWグループはティグアンをFF仕様のみで日本マーケットに投入。これは、マーケティングリサーチにより「SUVのニーズ」が見えてきた結果、といえそうですね。

排気量は小さいながらもパワフル、居住空間も良好、そして燃費も良い…。色気は少ないかもしれませんが、完成度の高いSUVモデル。これがVWの現時点で考えるコンパクトSUVの理想形、といったところでしょうか。

気になる価格は、エントリーグレードのTSI Comfortlineが360万円〜。日本での同カテゴリのSUVモデル、C-HRは251万円~、ホンダのヴェゼルは192万円~、マツダ CX-5は246万円~であり、やはり価格面では国産車に分があるのは事実です。

しかし質実剛健な造り込みと、ハイグレードな内装、装備などは、VWティグアンに分があります。欧州車の入門モデルとしても、魅力ある1台となるのではないでしょうか。


おすすめ記事
輸入SUVにあって、国産SUVにない装備とは?