3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

ホンダ オデッセイ

クルマの収納力や快適性は日本メーカーの得意分野の一つです。ミニバンでは、ほとんどのモデルが3列シートを備える7〜8人乗りのモデルとなっていますよね。しかし普段は3〜4人乗りで利用する人が多いかと思います。積載性を重視する場合は3列目シートは折りたたむ必要があり、車種により様々な収納方法がありますが、オデッセイではどのように収納するのでしょうか。今回は代々引き継がれるオデッセイの収納力にクローズアップします。

Chapter
ホンダのオデッセイとは?
オデッセイの快適性
3列目シートはどのように収納される?
他車と差をつけるホンダの収納力

ホンダのオデッセイとは?

オデッセイは1994年に登場したホンダの上級ミニバンで、アコードセダンのプラットフォームを流用して開発されました。ミニバンとしては低車高だったオデッセイですが、スポーツセダンのような運動性能と広い室内空間が受け、大ヒットモデルになりました。

また、ミニバンならではの必須装備とも言えるスライドドアは、4代目まで採用されず、5代目モデルとなる現行型でようやく両側スライドドアを採用。利便性を向上させました。現行型ではハイブリッドモデルも投入し、ミニバンのデメリットの一つである燃費性能も大きく改善されています。

オデッセイの快適性

オデッセイは上級ミニバンの名に恥じない高級感のあるインテリアが特徴。エアコンの操作パネルは、スマートフォンのような静電式タッチパネルとなっており、指先で触れるだけで温度設定が可能です。

また、7人乗りの2列目シートには「プレミアムクレードルシート」が採用されています。背もたれを倒すと連動して座面前部が持ち上がる仕組みや、背もたれの中折れ機構、オットマンまでついた贅沢なシートになっています。

<次のページに続く>
次ページ
3列目シートはどのように収納される?