アテンザの特徴・中古価格|2017年にアテンザがフルモデルチェンジは本当か!?

マツダ アテンザ

ここまで4~6年のモデルライフで3代目まできているアテンザに、2017年頃フルモデルチェンジという情報が出てきています。マツダが誇るSKYACTIVEもそろそろ第2世代に進化してもいい頃、果たしてどこまで変わるでしょうか?

Chapter
マツダ アテンザ
アテンザの新車価格
SKYACTIVEを搭載したアテンザ
新型アテンザはどう変わるのか?
国産乗用車初のディーゼルハイブリッドがいよいよ実用化!
アテンザの中古価格
アテンザワゴンとアテンザセダンの違いはそんなにない!?

マツダ アテンザ

初代アテンザ

初代マツダ アテンザはカペラの後継モデルとして2002年に登場しました。新開発のプラットフォームを搭載したアテンザは、「ボルト以外、全て一新」とまで言われました。これには、それまでのマツダ車が、バブル期の拡大路線失敗により、従来あるプラットフォームやエンジンを改良したのみで凌いでいたことへの反動からのPR文とも言えるでしょう初代はセダンとスポーツワゴン、そして日本市場では珍しい5ドアハッチバック車を設定していました。
 
この初代にはマツダ スピードアテンザと呼ばれる高性能モデルも設定されます。その具体的な内容としては2.3リッターの直噴ガソリンターボエンジンに4WDシステムが組み合わされました。マツダ スピードアテンザが設定されていることからも分かるようにとりわけ、走る楽しさを徹底的に追求したのがこのアテンザと言えるでしょう。このコンセプトは現在の3代目に至るまで継承されているようです。

(画像はマツダ カペラになります)

2代目アテンザ

2代目は、初代のキープコンセプトで登場。初代に比べると地味な存在になってしまった感が否めません。


技術的なトピックスがあまりなかったことや、北米市場でのリコール問題などがあったことも要因かもしれません。しかしながら、ワールドサイズで考慮されたデザインはより伸びやかなものとなり、国産車離れしたプロモーションは、アテンザらしいといえるでしょう。

3代目アテンザ

そして、スカイアクティブテクノロジーを搭載して誕生したのが現行の3代目アテンザです。

ボディスタイル自体は初代、二代目の流れを汲むものの、新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用したことで、トータルでの華やかさや質感を大きく向上しています。また、本車より先代までに設定されていたハッチバックモデルは廃止となりセダンとスポーツワゴンの2タイプとなります。

特に、この3代目はスカイアクティブエンジンを搭載したことで低燃費化と動力性能の向上を実現。また、グレードもシンプル化することで、マツダのフラグシップに相応しい内容となっています。個人タクシーでの採用例が増えていることからも、この車種が人気を集めていると共に、信頼性等が格段に向上していることが伺えます。

アテンザの新車価格

現行モデルはマツダのフラッグシップモデルにふさわしく、トップモデルは400万円近くします。

しかし、これはあくまでフラッグシップの豪華装備満載モデルであり、そうでない車種であれば300万円前後です。この価格帯だとライバルはスバル レヴォーグやトヨタ カムリなどといったところでしょう。これらのモデルと比較すると、やはりディーゼルエンジン搭載車を設定しているあたりは大きなアドバンテージとなるはずです。

また、カムリと比較するとワゴンモデルを設定していることも大きなアドバンテージになるはでず。ブランドイメージについては、若干スバルやトヨタに劣るかもしれませんが、さりとてこれも時間の問題でしょう。しかも、最近のマツダ車はあまり値引きをしませんから、それを含めてもアテンザはプレミアムモデルとも言えることでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
SKYACTIVEを搭載したアテンザ