【プロ解説】マツダ3ファストバックの安全装備を徹底解説!!〜クラストップレベルの充実度〜

マツダ マツダ3 ファストバック 萩原撮影

2019年5月にマツダの新世代商品第1弾として登場したマツダ3。エントリーグレードでもアダプティブクルーズコントロールのマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)を標準装備しるなど充実した運転支援システムが特長です。それでは、マツダ3に採用されている先進の安全装備を紹介しましょう。

文・写真/萩原 文博

Chapter
スマート・ブレーキ・サポート[前方検知機能](SBS)
スマート・ブレーキ・サポート[後方検知機能](SBS-R)
スマート・ブレーキ・サポート[後進時左右接近物検知機能](SBS-RC)
AT誤発進抑制制御[前進時/後退時]
アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)
360°ビュー・モニター
前側方接近車両検知(FCTA)
ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&後側方接近車両検知(RCTA)
車線逸脱警報システム(LDWS)
レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
交通標識認識システム(TSR)
ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
ドライバー・モニタニング
クルージング&トラフィック・サポート(CTS)
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

スマート・ブレーキ・サポート[前方検知機能](SBS)

前方車、歩行者そして自転車を検知するのが、スマート・ブレーキ・サポート[前方検知機能](SBS)です。レーダーセンサー及びカメラによって前方車、歩行者(昼間・夜間)、自転車(昼間)へ衝突する可能性があるとシステムが判断したとき、ディスプレイの表示と警報音でドライバーに危険を知らせます。衝突を回避できないとシステムが判断するとブレーキ制御お行い衝突時の被害を軽減します。ドライバーがブレーキペダルを踏んだ場合はブレーキが素早く確実に掛かるようにサポートします。システムが作動する条件は対象の前方車が約4km/h以上、歩行者・自転車の場合は約10~約80km/hの時となります。

スマート・ブレーキ・サポート[後方検知機能](SBS-R)

約2~8km/hで後退中に後方の障害物を超音波センサーで検知し、衝突を回避できないとシステムが判断したときに、ブレーキ制御によって衝突時の被害を軽減するのが、スマート・ブレーキ・サポート[後方検知機能](SBS-R)です。リアパーキングセンサー(センター/コーナー/サイド):リアバンパーに内蔵された超音波センサーによって近距離の静止物を検知し、警告音でドライバーに知らせます。

<次のページに続く>
次ページ
スマート・ブレーキ・サポート[後進時左右接近物検知機能](SBS-RC)

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ