【プロ解説】BMW X5のエンジンやミッション、パワートレーン等のスペックを徹底解説!!

BMW X5 M50i

現行型X5は4種類のエンジンを用意していますが、トランスミスションや駆動方式の4WDシステムはほとんど共通となっています。そして、エンジン出力の高いハイパフォーマンスモデルはよりそのパワーをドライバーが使い切れるような工夫が施されています。

文/写真・萩原文博

Chapter
BMW X5のエンジンのラインアップを紹介
BMW X5のトランスミッションを紹介
BMW X5は4WDシステム「xDrive」を全車採用

BMW X5のエンジンのラインアップを紹介

現行型BMW・X5には4種類のエンジンが用意されています。まずは、SUVらしいダイナミックさとパワフルさを引き立てる3L 直列6気筒ディーゼルターボエンジン。最高出力265ps、最大トルク620Nmを発生し、0-100km/hは6.5秒というパフォーマンスを発揮し、燃費性能はWLTCモードで11.7km/Lという優れた燃費性能と経済性を達成しています。コモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムや、可変ジオメトリーターボチャージャーを採用することで、ガソリンエンジンに匹敵するレスポンスの良さを実現しているのも特徴です。

続いては3L直列6気筒ガソリンターボエンジンと高出力モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムです。PHEVシステムは先代の2L直列4気筒、バッテリー容量26Ahから3L直列6気筒、バッテリー容量68Ahに変更され、システム最高出力394psを発生。1充電あたりのEV走行距離も約80kmと利便性が向上しています。また、EV走行時の最高速度も時速140kmとなり、高速道路での追い越しも余裕で行え、0-100km/h加速は5.6秒という実力です。そして、ハイパフォーマンスモデルには最高出力の異なる4.4LV型8気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載しています。

M50iは最高出力530ps、最大トルク750Nm。トップモデルのX5Mは最高出力625ps、最大トルク750Nm。0-100km/h加速はM50iが4.3秒、X5Mは3.8秒というスポーツカーに匹敵するパフォーマンスを発揮します。

BMW X5のトランスミッションを紹介

現行型X5に搭載されているトランスミッションは基本的には全車8速ATとなっています。3L直列6気筒ディーゼルターボエンジンそして、プラグインハイブリッドを搭載しているスタンダードモデルにはMT車感覚でシフトチェンジが可能なステップトロニック付8速AT。MスポーツそしてM50iはステップトロニック付8速スポーツATを採用しています。

そしてX5Mには8速Mステップトロニック・トランスミッションDrivelogicを搭載。驚くほど素早いシフトチェンジが可能で、極めてスポーティかつダイナミックな走りから快適性や燃費性能を重視したドライビングまで好みの走行スタイルに応じて、3つのシフト・プログラムから選ぶことができます。

<次のページに続く>
次ページ
BMW X5は4WDシステム「xDrive」を全車採用

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博