【プロ解説】ジャガーF-PACE(Fペイス)のエクステリア(外装)を徹底解説!! F-TYPEにインスパイアされている?

2015年にジャガーブランド初のSUVとして発表されたF-PACE。日本市場には2016年から導入されました。ここでは、スポーツカーのDNAを色濃く受け継いだF-PACEの外観デザインについて紹介します。

文/写真・萩原文博

Chapter
ジャガーF-PACE(Fペイス)のエクステリア(外装)をチェック!!
ジャガーF-PACE(Fペイス)のエクステリア(外装)リアをチェック!!
ジャガーF-PACE(Fペイス) Sのエクステリア(外装)は?
ジャガーF-PACE(Fペイス) SVRのエクステリア(外装)は?
【ジャガー F-PACE 】ジャガー(JAGUAR)初のSUV! スポーツカーブランドが作るSUVの走りとは?JAGUAR F-PACE R-SPORT 2.0L D180

ジャガーF-PACE(Fペイス)のエクステリア(外装)をチェック!!

ジャガーF-PACEの外観デザインはひと目でジャガーとわかるよう、ジャガーのピュア・スポーツカーである「F-TYPE」の要素を取り入れています。そのDNAを受け継いだ迫力のあるボンネット、そしてボンネットからリア部分へと連続的につながる複数の直線的なサイドラインはプレス技術を駆使した陰影を持たせることにより、シンプルさと力強さ、躍動感、エレガントさを兼ね備えています。 

F-PACEはピュア・スポーツカーのDNAを持つパフォーマンスSUVらしく、パワフルで俊敏な走りをイメージさせるフォルムは、人々を振り返る圧倒的な存在感を放ちます。パワーバルジからリアハッチへ至る美しいボディラインや力強い造形は、F-TYPEのデザインをもとに、新時代のSUVにふさわしい姿を求めて再定義したもの。現在クルマのボディをデザインするうえで、重要な要素のひとつが空力性能です。

ジャガーF-PACE(Fペイス)のエクステリア(外装)リアをチェック!!

F-PACEの流麗なフォルムは、大きなSUVにも関わらずCd値0.37というハイレベルの空気抵抗係数を実現。こうした先進のエアロダイナミクスが、燃費とCO2排出量、風切り音によるノイズを低減し、高速走行時の安定性を高めているのです。

そして、革新的な軽量ボディの重要性も見逃すことはできません。

その凹凸のない滑らかなアンダーボディ構造は、空気抵抗を最小限に抑えて効率性を向上するとともに、エンジンとブレーキの冷却を促進するだけでなく、シャープなリアコーナーと一体型リアスポイラーにより車体後部で発生する空気流の圧力差を抑えて、走行性能と燃費の向上に貢献しているのです。 

ジャガーF-PACE(Fペイス) Sのエクステリア(外装)は?

F-PACEはPURE、PRESTIFE、PORTFOLIOのラグジュアリーラインとスポーツラインのR-SPORT、SそしてハイパフォーマンスモデルのSVRで4タイプの異なる外観デザインとなっています。

R-SPORTはR-SPORTフロント&リアバンパー、ボディ同色クラッディング(サテンブラックフィニッシャー)がセットとなったR-SPORTボディキットを装着。

装着されるホイールもラグジュアリーラインの3モデルに標準装備される18インチから19インチへと1インチアップしています。

さらにSはメッキパーツを多用したSフロント&リアバンパー、ボディ同色Sドアクラッディング(サテンクロームフィニッシャー)がセットとなったSボディキットを装着し、さらにスポーティさを際立たせています。

標準装備されるホイールも20インチとR-SPORTからさらに1インチアップしています。 

ジャガーF-PACE(Fペイス) SVRのエクステリア(外装)は?

ハイパフォーマンスモデルのSVR装着されているパーツすべてが美しさとパフォーマンスを追求。拡張されたエアインテークとボンネットベントの位置を最適化したフロントエンドにより、エアフローと冷却性能が大幅にも向上。

そのアグレッシブなスタイルは圧倒的なパワーをかんじさせます。

さらに、ルーフラインはスポイラーを一新し、揚力を大幅に低減しています。この結果、高速走行時の安定性が向上し、スポーツカーならではの走りを堪能することができます。

スポーツカーF-TYPEに搭載されているスイッチャぶるアクティブスポーツエキゾーストシステムは光沢研磨仕上げのクワッドテールパイプを採用。魅惑的なスタイルだけでなく、刺激的なサウンドでも心を揺さぶります。

また、F-PACEの全モデルはボディ同色ルーフをはじめ、スライディングパノラミックルーフ、パノラミックルーフと3タイプのルーフ形状から選ぶことが可能です。

設定されているボディカラーはフジホワイト、ナルヴィックホワイトの2色のソリッドカラーに加えて、メタリックカラーとして、ユーロンホワイト、サントリーニブラック、アイガーグレーなど7色を用意。

F-TYPE 2020

また、プレミアムメタリックとしてシリコンシルバーとカルバチアングレーを設定。そのうえSVOが特別調合したウルトラメタリックとスペシャルエフェクトのプレミアムカラー17色を用意しています。

日本市場における人気色はメタリックカラーのユーロンホワイト、サントリーニブラック、アイガーグレーとなっています。

【ジャガー F-PACE 】ジャガー(JAGUAR)初のSUV! スポーツカーブランドが作るSUVの走りとは?JAGUAR F-PACE R-SPORT 2.0L D180

2016年に日本デビューを果たした、ジャガー F-PACE。デビューから4年経った現在では、SUV市場は激戦を極めます。スポーツカー作りを得意とするジャガー、初のSUVは今でも競争力はあるのでしょうか。河西啓介がチェックします。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ