レクサス RCの注目の純正アクセサリーとは!?

レクサスのクーペモデルのネーミングには、クーペを意味するCがついており、レクサスで最初に設定がされたクーペ専用モデルのSCは、日本ではトヨタ ソアラの名前で販売されていたモデルでした。2代目SCの販売が2010年に終了し、レクサスにクーペ専用モデルのラインナップが無くなった後、2014年に登場したのがRCです。

その後、2017年にはLCが登場しましたが、スポーツクーペのSC、ラグジュアリークーペのLCに対し、ラジカルクーペのRCはラジカル(先鋭の)と名付けられた通り、これまでのSCとは違う新しいテイストのクーペとして登場しました。

ただ、セダンのISの派生モデルとして設定されていたコンバーチブル2ドアクーペのIS Cが2014年で販売を終了したことや、2.5L~3.5Lの排気量のモデルが設定されていたことから考えると、RCはIS Cの受け皿としての役割を担うモデルとも言えるでしょう。

そのようなRCには、レーシングテクノロジーを注ぎ込んだTRDの純正アクセサリー「Fスポーツパーツ」が用意されています。そこで今回はRC用の注目のアイテムをご紹介します。

文・HAMATARO

Chapter
エアロダイナミクスミラーカバー
フロントスポイラー
フロントカナード
サイドスカート
リヤスポイラー(カーボン製)
スポーツマフラー&リヤディフューザー
メンバーブレース
パフォーマンスダンパー
19インチ鍛造アルミホイール&セキュリティロックナットセット

エクステリアの注目アイテムはこちら!

エアロダイナミクスミラーカバー

先進的なスタイリングは見た目の美しさもさることながら、走行時の風切音低減と明快な運動性能向上をもたらしてくれるアイテムがこの「エアロダイナミクスミラーカバー」です。

カバーという名前ですが、装着するためには、単にノーマルのミラーの上に被せて貼り付けるのではなく、ミラーガラスやアウターミラーカバーを外し、ドリルで穴開け加工を行ってから両面テープで固定、といった本格的な加工を伴う取り付け方法を用いており、空力パーツとしてのこだわりが感じられるパーツとなっています。

その開発は、3Dプリンターで作った複数のパーツを組み合わせて、様々なパターンでテストコースなどで効き目を確かめるなどして、理論だけではなく試行錯誤をしながら進められました。そしてその結果、誰でも体感できる完成されたパーツとなっているとのことです。

フロントスポイラー

メーカーワークスのTRDの技術が注ぎ込まれた「フロントスポイラー」は、3分割構造になっており、装着することで適切なダウンフォースを生み出してくれます。また、地上高は装着することで、オリジナルより約41mmダウンし、より安定感のあるスポーティで迫力のある印象に仕上げることができます。

フロントカナード

バンパーサイドに配されるフロントベゼルとの一体感を重視した躍動的なデザインが与えられた「フロントカナード」は、スタイリッシュなデザイン性もさることながら、カナードとしての走行時の乗り心地向上を含めた操縦安定性をもたらしてくれる機能も兼ね備えています。

サイドスカート

RCのスタイリッシュなデザインにマッチする「サイドスカート」は、比較的シンプルな造形ながら、ボディ側面を流れる風を整流することで、直進安定性を向上させる機能を発揮します。また、装着することで、地上高がオリジナルより約43mmダウンし、スポーティな印象を高めてくれます。 

リヤスポイラー(カーボン製)

リヤスタイルを仕上げる定番アイテムの「リヤスポイラー」には、カーボンファイバーが採用され、カーボン製ならではのレーシーなイメージが目を引きます。もちろん、見た目だけではなく、スポイラーとしてのトランク上面を流れる風を整流する形状により、バランスを取り安定した走行性能に寄与する性能も備えています。

スポーツマフラー&リヤディフューザー

スポーティな走りをより高めてくれるアイテムとして定番アイテムの「スポーツマフラー」もラインナップされています。左右に配されたマフラーエンドは、ノーマルの角型タイプとは異なる丸形のデュアルタイプが採用され、より、スポーティで迫力のあるリヤスタイル演出してくれます。

なお、エキゾーストパイプ部はφ51、出口テール部は、φ76のパイプが選定され、いずれもステンレス製となっています。また、この「スポーツマフラー」は、装着することで、エンジン回転のフィーリングが向上するほか、音色もチューニングされているので、よりドライブが楽しくなりそうですね。

「スポーツマフラー」と同時装着が必須なのが、迫力のあるデザインが施され、安定したダウンフォースと直進安定性をもたらす「リヤディフューザー」です。装着することで、オリジナルより約35mmダウンし、高級感に加え、スポーティでスタイリッシュにリヤスタイルを演出してくれます。

なお「スポーツマフラー&リヤディフューザー」は「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤスポイラー」と同時装着を行うことで、より高い効果を発揮するとのことです。

またエアロパーツには、ブラックカラーが施された「ブラックエディション」も用意されているので、よりエアロパーツの存在感を高めたい人は「ブラックエディション」を選ぶと良いでしょう。

走りを変える注目アイテムはこちら!

メンバーブレース

高い剛性を備えているレクサス RCですが、メーカーワークスとして数々のレースで実績を出しているTRDが手掛けたこの「メンバーブレース」は、装着することで、ボディフロア全体を前から後ろまでバランスよく補強することができます。

さらに、ボディが強化されることで、サスペンションがより効果的に路面からの入力を受け止め、しなやかな乗り心地と安定したロードホールディング性能に寄与してくれます。

パフォーマンスダンパー

リヤバンパーの裏側の見えない部分にあるリーンホースメントに装着する「パフォーマンスダンパー」は、装着することで、走行時における変形やノイズ・振動を効果的に減衰させることができるアイテムです。

そして、その機能は上質な走りはもちろんのこと、操縦安定性や快適性の向上などの優れた効果をもたらしてくれます。見えないパーツですが、ノイズや振動の低減は、体感しやすいポイントなので、装着した際の効果が期待できそうですね。

19インチ鍛造アルミホイール&セキュリティロックナットセット

スポーク部分の造形にもこだわりながらRC専用として開発が行われた軽量・高剛性の「19インチ鍛造アルミホイール(1ピース)」は、オークグレーメタリックに仕上げられ、様々なボディカラーにマッチする仕上がりとなっています。

こだわりの鍛造を採用したこのアルミホイールは、装着することで、バネ下重量の軽減と剛性が向上し、しなやかな乗り心地と安定したロードホールディング性能に貢献してくれます。また、アルミホイールには、セキュリティロックナットもセットされているので盗難対策も期待できそうですね。

なお、タイヤ(推奨:フロント245/40R19・リヤ265/35R19)と"F SPORT"用の純正ホイールセンターキャップ、TPMSバルブが別途必要となりますが、標準装着品のTPMSバルブの使用が可能です。また、"F SPORT"の場合、標準装着品のホイールセンターキャップも使用することができます。

ちなみに、メンバーブレースとともに「19インチ鍛造アルミホイール」を同時装着を行うことで、より高い効果を発揮するとのことで、セットで装着をおススメします。

近年、クーペよりもSUV人気が高まり、最近ではクロスカントリータイプのSUVが注目を浴びています。そのような中、トヨタ スープラが登場し、カスタマイズ市場でクーペタイプの注目度もアップしてきています。

スポーツ走行を追求する人にはスープラがおススメですが、よ、ラグジュアリーで快適にクーペライフを楽しみたい人は、RCをベースにTRDの「Fスポーツパーツ」をセレクトしてカスタマイズすると良さそうです。

HAMATARO|はまたろう

大学の在学中から自動車部に所属し、カーグッズ誌の新製品情報を中心に執筆。大学卒業後は国内及び輸入車のメーカー純正オプショナルパーツや量産モデルの装備品の企画及び製品開発を手掛ける。現在カーグッズやカーライフに関するユーザー目線の記事を中心に執筆中。

HAMATARO|はまたろう