ボルボ V40はどんなクルマ?ガソリンとディーゼルの違いなど徹底解説!

ボルボ V40

欧州Cセグメントに区分けされるボルボ V40は、狭い道路や駐車場が多い日本でも扱いやすいサイズに加えて、世界初の歩行者用エアバッグを搭載するなど、ボルボらしい安全へのこだわりが凝縮されたモデルだ。

なお、2019年限りで生産を終え、現時点では次期モデルの予定はないという。まだ、ボルボ・カー・ジャパンのホームページには、「V40 FINAL COUNTDOWN!」というリンクで掲載されている(2020年1月24日現在)から、気になる方は急いだ方がいいかもしれない。

文・塚田 勝弘

ガソリンエンジン最強の「T5」はスポーティグレードのみ

ガソリン最強モデルの「T5」は、「R-Design」と呼ばれるスポーティグレードのみとなっている。「T2」や「T3」よりも30kg重いだけで、245PS/350Nmというスペックを得ている。

タイヤサイズが唯一の18インチ(225/40R18)になり、R-Design専用スポーツサスペンションを装着していることもあり、足まわりはかなり引き締まっている。専用エクステリアやインテリアによるスポーティグレードなので、走りや見た目にこだわる層に支持されている。

なお、V40クロスカントリーは、「T3」「D4」「T5」というエンジンラインナップで、最低地上高はV40よりも10mm高くなっているだけだが、クロスオーバーらしい雰囲気が味わえる。ルーフレールも標準装備されているので、キャンプやマリンスポーツ、ウインタースポーツなどを楽しむ層にもオススメ。

V40は、XC40と並んで、日本で最も扱いやすいサイズといえるモデルで、今回の生産終了により手に入れる最後のチャンスになっている。歩行者用エアバッグやサイクリスト検知付の衝突被害軽減ブレーキなど、「インテリセーフ」と呼ばれる先進安全装備をすべて標準化している。

ライバルのCセグメントと比べてもその充実ぶりはトップクラスといえる。完熟といえるモデルなので、最後のV40を手にする価値は十分にありそうだ。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘
Source:
www.volvocars.com