東京モーターショー2019 新型ヤリスはトヨタブースにない?見たい人はヴィーナスフォートへ!

東京モーターショー2019のトヨタブースには市販車や今後発売されるであろうクルマの展示はなく、「モビリティのテーマパーク」と題し、未来の生活を体験できるようなブースとなっている。そのため、市販車や量産予定のクルマの展示はなし。新型のヤリスはヴィーナスフォートへ、新型ミライは、お台場のMEGAWEBへと展示会場を分けていたのだ。

文・CarMe編集部/写真・宮越 孝政

Chapter
東京モーターショー2019で新型ヤリスを見るならヴィーナスフォートへ

東京モーターショー2019で新型ヤリスを見るならヴィーナスフォートへ

TMS2019 ヤリス 宮越孝政

このヤリスは、トヨタのコンパクトカーとして長年使われてきた日本名のヴィッツという名前から世界統一車種名としてヤリスという名前に変更され、発売を2020年2月に予定されている。

側面には大胆なキャラクターラインが施され、躍動感のあるデザインとして全体が仕上げられている。

TMS2019 ヤリス 宮越孝政
TMS2019 ヤリス 宮越孝政

プラットフォームは、トヨタの新しいプラットフォームであるGA-Bで、プリウスや新型のカローラで採用されているアーキテクチャであるGA-Cの下のクラスのプラットフォームとして開発され、ヤリスに採用されている。軽量でありながら高い剛性を追求しており、従来型に比べ車両重量を50kg軽量化、ねじり剛性を30%以上強化されている。

TMS2019 ヤリス 宮越孝政

エンジンは、2種類を用意しており、新開発の1.5L ハイブリッドエンジンに発進用ギヤ付きのDirect Shift-CVTユニットを新開発して投入される。また、1.0Lのエンジンに新開発のCVTが備わる。両エンジン共に燃費の優れたエンジンとして開発されたエンジンであるが故、どんな数値が示されるのか、非常に楽しみなエンジンである。

TMS2019 ヤリス 宮越孝政

無駄を削ぎ落としたインテリアはスッキリとした印象。ステアリングを従来よりも小径化することで、スポーティなイメージを与えている。また、フードレス双眼デジタルTFTメーターをトヨタとして初採用していたり、コンソールの幅を広くし収納スペースを拡充させるなど、各部にこだわったインテリアデザインが施されている。

TMS2019 ヤリス 宮越孝政

ヤリスは、ヴィーナスフォートに記事中の赤色ともう1台、青色の2台が展示されている。ぜひ一度、東京モーターショー2019に訪れた際は、こちらのヴィーナスフォートにも訪れてみてはいかがだろうか。