万が一の時に安心のロードサービスに加入しておくメリットは?JAFと保険会社のロードサービスの違いわかりますか?

皆さんはロードサービスには加入されていますか?自動車に乗るのであれば、加入していればやはり安心なのは間違いありません。JAFが有名ですよね。
今回はJAFだけでなく、保険会社のロードサービスも含めて、ロードサービスに加入することで得られるメリットをまとめていきたいと思います。

文・PBKK

Chapter
ロードサービスって何をしてくれるの?
保険会社のロードサービスって何?
JAFと保険会社のロードサービス 何が違う?
JAFは会員優待も魅力

ロードサービスって何をしてくれるの?

ロードサービス

「ロードサービスに加盟しておいた方が良い。」とは聞くけれど、実際何をしてくれるの? という方はいらっしゃるのではないでしょうか?
まずはJAFがどのような対応をしてくれるのか見てみましょう。

いつでも対応可能!
24時間・365日、トラブルがあれば電話一つで駆けつけてくれます。会員になると、下記の内容がすべて無料です。
・バッテリー上がり(非会員1万3,130円)
・スペアタイヤ交換(非会員1万1,230円)
・キー閉じ込み(非会員1万3,130円)
・高速道路上での燃料切れ(非会員1万6,770円)

どこでも駆けつける!
路上でのトラブル、自宅はもちろん出先での駐車場、お店でもどこでも駆けつけてくれます。
今では多くなっている冠水などの自然災害。このようなときにでも、作業が可能な場所であれば出動します。

自分の車だけでなく、バイクなども対応可能!
会員になってしまえば、自分の所有している車に限らず、バイクなど複数の車両に対応してくれます。

年会費4,000円はかかってしまいますが、これだけのことが無料で受けることが出来るなら、安いとも言えるのではないでしょうか?

保険会社のロードサービスって何?

保険

意外と知られていないのが、「自動車保険にもロードサービスが存在している」ということ。自動車に乗られている方ならば、必ず自動車保険には加入されていますよね?

その自動車保険に、ロードサービスが無料で付帯されているというケースもあるのです。ここでは、ロードサービスが無料付帯されている、ソニー損保のロードサービスに触れてみましょう。

ソニー損保で無料利用できるサービス一覧
・バッテリー上がり時のエンジン起動
・ガス欠時の10リットルまでのガソリンまたは軽油の補給
・キー閉じ込み時のカギ開け
・タイヤパンク時のスペアタイヤへの交換
・各種オイル漏れ時の点検・補充
・冷却水の補充
・各種灯火類のバルブ交換
・ボルト増し締め
・落輪・脱輪・乗り上げの引き出し作業 ※車輪1輪まで
・スタック ※降雪を原因とするノーマルタイヤでのスタックは対象外です。
・その他、作業時間30分までの現場での応急作業

他にも80kmまでのレッカー移動無料、事故で帰れなくなってしまった際の、宿泊費用のサポート、公共交通機関での帰宅費用サポート、レンタカー費用サポートなどなど、数多くのロードサービスが無料で付帯されているのです。

JAFなどのロードサービスをご検討されているのであれば、一度、ご自身の自動車保険の内容を見返してみると良いかもしれません。自動車保険だけでも十分まかなえる内容になっているかもしれませんよ?

次ページ
JAFと保険会社のロードサービスの違いは?