【TMS2019】GT-R用のホイールは要チェック!東京モーターショー2019にRAYS(レイズ)が出展。スーパーGTなど数々のレースシーンで戦うホイールも展示

高品位な鍛造ホイールで知られるRAYSが東京モーターショー2019に出典。新型ホイールを各種並べて来場者の目を奪っていた。

文/写真・栗原 祥光

Chapter
レースシーンで戦うホイールから市販車用ホイールまで多数展示
TMS2019 レイズ 栗原 祥光

レースシーンで戦うホイールから市販車用ホイールまで多数展示

TMS2019 レイズ 栗原 祥光
TMS2019 レイズ 栗原 祥光

南ホールにブースを展開するRAYSは、WECやWRC、そしてSUPER GTやFIA-GT3に供給するホイールを展示。これらのレースシーンを支え、活躍するホイールを間近で見る機会は滅多に無いので必見だ。

TMS2019 レイズ 栗原 祥光

さらに、ハイパフォーマンス車両に標準搭載されるホイールも陳列。その中で注目はGT-R用で、今年登場した50周年記念モデルとGT-R NISMOのホイールは形状がかなり異なる。こちらもお見逃し無く。

TMS2019 レイズ 栗原 祥光
TMS2019 レイズ 栗原 祥光
TMS2019 レイズ 栗原 祥光
TMS2019 レイズ 栗原 祥光
TMS2019 レイズ 栗原 祥光

さて、今回RAYSが持ち込んだホイールは、グラムライツやボルクレーシングといった、同社ではお馴染みのラインアップを揃えている。その中でひときわ異彩を放つのが、今年誕生したVMFと呼ぶラインアップ。VMFとはVERSUS MODE FORGEDの頭文字をとったもので、RAYSが「折り紙付き」で性能に自信を持っているという意味を込めて「折り鶴」のロゴが入っている。従来の鍛造ホイールが「パフォーマンス重視」や「デザイン重視」であったのに対し、VMFは「静粛性」に焦点を当てているのが特徴。性能面では従来ホイールに対して、8.3%の静粛を達成したというから驚きだ。

TMS2019 レイズ 栗原 祥光

ハイパフォーマンスカーにこそ、デザインで美しく、そして快適でなければならない、とRAYSは考えているのだ。この新ラインアップ、ぜひチェックして欲しい。

栗原 祥光

中央大学理工学部卒。通信機器メーカーにて回路設計をした後、長年の趣味であったオーディオへの夢を追い求めて専門雑誌の編集者へと転職。その後、一般誌の編集を経て現在フリーランスのカメラマン&ライターとして主にWeb媒体で活動する。モータースポーツのレポートや新車試乗記のほか、グルメやエンタメ系など幅広い分野で執筆中。

栗原 祥光