車検に通るタイヤとホイールの必須条件

車検では、整備不良のところはないか、また安全運転を妨げるようなものはないかなどを厳しくチェックされます。特にタイヤを純正品以外のお気に入りに付け替えているときなどは、タイヤやホイールに注意が必要です。今回はタイヤとホイールが車検に合格するための必須条件を解説します。

文・PBKK

Chapter
タイヤ外径が大きすぎたり小さすぎるのはNG
タイヤがフェンダーからはみ出していたり干渉するとNG
ホイールにJWLマークが入っていないとNG
タイヤの最大負荷能力(ロードインデックス)にも要注意
適切なカスタムで安全で快適なドライブを

タイヤ外径が大きすぎたり小さすぎるのはNG

タイヤ1

タイヤの大きさは、車の走行性能に大きな影響を及ぼします。例えばタイヤ外径が大きいと速度が出やすくなり、タイヤ外径が小さいと速度が下がって、スピードメーターと誤差が生じます。

安全運転を確保するため、車検ではスピードメーター検査があります。スピードメーターが40km/hのとき、実速度が下記の値におさまっていないと、車検に通らなくなってしまいます。

・製造が2007年1月1日以降の車
→実速度が30.9km/h〜42.55km/h

・製造が2006年12月31日以前の車
→実速度が30.9km/h〜44.4km/h

スピードメーターとの誤差を減らすため、タイヤを交換する際は交換後のタイヤの外径と純正品のタイヤの外径を合わせるようにしましょう。

タイヤがフェンダーからはみ出していたり干渉するとNG

タイヤ2

タイヤが大きくフェンダーからはみ出していると、他の車とすれ違ったときに事故が起きたりと危険を招く恐れがあります。

ホイールの中心からフェンダー方向に、延長すると地面に対して垂直になるような直線を引き、そこからフロント側へ30度、リア側へ50度内のホイール部分がフェンダーからはみ出していると車検に通らなくなります。

また、ハンドル操作時、タイヤがフェンダーと干渉する状態ではバーストなどを引き起こす危険もあり、NGとなります。

次ページ
ホイールにJWLマークが入っていないとNG