輸入車だけじゃない!国産オープンカー特集

文字通り屋根を解放して外気にさらされることで、解放感のあるドライブが楽しめるオープンカー。オープンカーと聞くと、輸入車をイメージしがちですが、日本のメーカーからも魅力的なオープンカーが発売されています。今回は国産のオープンカーに焦点を当てて、代表的なモデルを3つを紹介します。

文・PBKK

近年、なぜオープンカーは減ってしまった?

オープンカー

近年、ひと昔前と比べると、街でオープンカーを見かける機会は減ったように思えます。

過去にはスポーティーなトヨタ「MR-S」(2007年生産終了)や、女性人気の高かったスズキ「カプチーノ」(1998年生産終了)、ホンダ「ビート」(1996年生産終了)など、国内のオープンカーラインナップは非常に豊富でした。

オープンカーが減った理由としては、時代の変化による「クルマの在り方」が変わったこと、2000年代初頭より高まっているSUVブーム、などが挙げられています。

それまでオープンカーは、若者を中心にドライブやデートなど、「クルマそのもの」を楽しむための存在でした。しかし2000年代より、クルマはスキーやキャンプなどを楽しむための「過程」へと変化し、SUVやミニバンなどの使い勝手の良いクルマの人気が高まっていきます。

そんな時代の変化によって、格好の良さは抜群なものの、燃費性能や居住性などで劣るオープンカーの人気は下がってしまったのではないかと言われています。

日産 フェアレディZ

近年、ひと昔前と比べると、街でオープンカーを見かける機会は減ったように思えます。

過去にはスポーティーなトヨタ「MR-S」(2007年生産終了)や、女性人気の高かったスズキ「カプチーノ」(1998年生産終了)、ホンダ「ビート」(1996年生産終了)など、国内のオープンカーラインナップは非常に豊富でした。

オープンカーが減った理由としては、時代の変化による「クルマの在り方」が変わったこと、2000年代初頭より高まっているSUVブーム、などが挙げられています。

それまでオープンカーは、若者を中心にドライブやデートなど、「クルマそのもの」を楽しむための存在でした。しかし2000年代より、クルマはスキーやキャンプなどを楽しむための「過程」へと変化し、SUVやミニバンなどの使い勝手の良いクルマの人気が高まっていきます。

そんな時代の変化によって、格好の良さは抜群なものの、燃費性能や居住性などで劣るオープンカーの人気は下がってしまったのではないかと言われています。