日産57.3%の減益、北米などでの販売不振が影響

日産が5月14日に発表した2019年3月期通期連結決算は、最終(当期)利益が前期比57.3%減の3,191億円でした。

Chapter
売上高は3.2%減の11兆5,742億円で、本業のもうけを示す営業利益は44.6%減の3,182億円

売上高は3.2%減の11兆5,742億円で、本業のもうけを示す営業利益は44.6%減の3,182億円

日産 決算

北米などの販売不振が響き、減収減益になったとしています。

なお、日本国内の販売台数は、e-POWERやプロパイロットを搭載したコンパクトカー「ノート」や、ミニバン「セレナ」の台数増により前年比2.1%増の59万6,000台となったものの、米国販売は前年比9.3%減の144万4,000台となり、世界販売台数は4.4%減の551万台でした。

2020年3月期の業績予想は、売上高が2.4%減の11兆3,000億円、最終利益が46.7%減の1,700億円と減収減益を見込むとしています。