ジムニーとシエラ、維持費はどれほど違うのか?

スズキ ジムニーシエラ JC 2018

2018年7月、スズキのジムニーとジムニーシエラが、20年ぶりのフルモデルチェンジを行い、大きな話題となりました。同じ基本構造を持つ軽自動車のジムニーと、普通自動車のジムニーシエラですが、維持費の面ではどれほど違いがでるのでしょうか?

文・立花義人

Chapter
ジムニーとシエラの違い
車両本体価格と新車購入時のコストの違い
自動車税や車検取得時のコストの違い
燃費の違い
まとめ

ジムニーとシエラの違い

軽自動車規格のなかで作られたジムニーと、普通自動車のジムニーシエラ(下記シエラ)。この両者の外観上の違いは、バンパーデザインと、オーバーフェンダー装着の有無ぐらいです。

それにより、シエラは4WDとしての存在感と安定感が強まっているものの、ジムニーのシンプルでスクエアなデザインも魅力的です。

メカニズムに関して、一番の違いはエンジンです。ジムニーは専用チューニングが施された、660ccのR06A型3気筒ターボエンジン、シエラには新開発の1.5L 直4NAエンジンが搭載されます。

どちらのエンジンも、低速域ではトルクフルで粘りのある特性を発揮しますが、高速道路や郊外の道路を長距離で走る機会が多い場合は、シエラのほうが余裕のある走りとなります。

車両本体価格と新車購入時のコストの違い

車両本体価格は、ジムニーの最廉価グレードのXG(5MT)が145万8000円、シエラのJL(5MT)は176万400円と、価格差は30万2400円。最上級グレードでは、ジムニーXC(4AT)で184万1400円、シエラJC(4AT)の場合は201万9600円となり、その差は17万8200円と小さくなります。

売れ筋と言われる最上級グレードの場合、ジムニーでは車両代のほかに自動車取得税3万600円(オプションの付加により変動あり)、自動車重量税9,900円(3年)、自賠責保険料3万5610円(37ヶ月)、リサイクル料金8,650円、その他に登録諸費用が5万円程度かかり、合計で13万5000円程度の諸費用がかかります。

一方シエラは、自動車取得税5万400円(オプションの付加により変動あり)、自動車重量税3万6900円(3年)、自賠責保険料3万6780円(37ヶ月)、リサイクル料金8,940円、その他に登録諸費用5万円程度、合計で188,000円程度の諸費用が発生します。

新車購入時のコストで比較すると、ジムニーとシエラでは5万円程度の違いが生じます。その他に、どちらも自動車税が別途かかり、これは購入月によって月割で支払います。

ちなみに、国が定める排ガス基準や燃費基準を満たしていれば、自動車取得税や自動車重量税が減免となる「エコカー減税」という制度がありますが、残念ながらジムニー、シエラともに、この制度の対象とはなりません。

<次のページに続く>
次ページ
自動車税や車検取得時のコストの違い