驚愕の美しさ!データシステム、2019年夏発売予定の4Kドラレコを出展!東京オートサロン2019

データシステムのブースでもっとも注目を集めていたのは4Kのドラレコです。高解像度を誇る4Kドラレコはこれまでも数社から発売されていますが、データシステム社の4Kドラレコ『DVR3400』は、リアル4Kドライブレコーダーとしては最先端の超高精細映像の録画を可能とし、業界トップと評されています。

文・加藤久美子 写真・Hiroto KATO

Chapter
最先端の超高精細映像の録画を可能とした『DVR3400』
前も後ろもフルハイビジョンで撮れる画期的なドラレコ『DVR3100 』
デモカーはMAZDA ロードスターを展示

最先端の超高精細映像の録画を可能とした『DVR3400』

【東京オートサロン2019】データシステム

『DVR3400』は、非常に美しく鮮明な映像がポイント。最新鋭プロセッサ、CMOSセンサーを搭載し、フルハイビジョンの4倍という超高精細録画(3840×2160)を実現したことにより、829万画素での録画が可能です。

対向車のナンバーはもちろん、少し離れた場所に映っている車のナンバーまでをくっきりと映し出されており、事故やトラブルなどの際に重要な情報も確実に記録することができます。

【東京オートサロン2019】データシステム

なお、ブースでは、ハイビジョンとの違いが良くわかる動画が流されており、「こんなに違うんだ!すごく綺麗!明るい!細かい!」と、ブースに来場した人々からは感嘆の声が聞こえてきました。

ちなみに、高解像度の映像になったことによって、同梱されるメモリカードの容量も従来の16GBから32GBにアップしています。発売は2019年夏を予定しており、価格は3万円前後と予想されています。

前も後ろもフルハイビジョンで撮れる画期的なドラレコ『DVR3100 』

また、データシステムではもう一つの画期的なドラレコ『DVR3100』を出展。こちらは前方、後方ともにフルハイビジョン録画が可能な2カメラを搭載したドライブレコーダーで、ハイスペックのプロセッサーとイメージセンサーを採用し、本体内蔵の前方カメラ、車内設置用の後方カメラ、ともにフルハイビジョン(1920×1080)での高精細録画を実現しています。

前方だけでなく、後方の映像もクッキリ・しっかりと記録することが可能で見えやすく扱いやすい3.0インチのワイドモニターを搭載しています。近年はあおり運転の増加で後方にカメラをセットするケースが増えていますが、後方カメラまでハイビジョンとなるドラレコはまだ少数派。なお、同製品には「ドライブレコーダー録画中ステッカー」が同梱されており、危険なあおり運転をやめさせる抑止効果も期待できそうです。

後方カメラのサイズは、W58mm×H38mm×D29mm(※ステー部除く・レンズ部含む)

重量25g(※取付ステー含む)、動作温度は-10℃~+60℃で録画解像度はハイビジョンの1920×1080と1280×720の2種が選択可能。対角画角    140°、水平/垂直画角125°/60°で、録画時間は解像度1920×1080の場合、8GB→55分、16GB→2時間、32GB→4時間10分、64GB→8時間30分で、メモリカードは16GBが同梱されています。

デモカーはMAZDA ロードスターを展示

【東京オートサロン2019】データシステム

データシステムのブースにはフロントスポイラーを一新した専用エアロパーツ&ウルトラスエード内装でドレスアップしたMazdaロードスターが展示されていました。

注目すべきはリアウィングに搭載されたカメラアイテムで、ここには角度調整可能な小型カメラを採用し、取り付け位置やドラレコで映したい方向に合わせてカメラの向きを変えることが可能な特殊なボール構造の角度調整(手動)機能付き小型カメラを採用しています。

また、汎用性も高く付属のコネクターによって正像/鏡像を切り換えられるので幅広いナビ/モニターに接続できます。