激動のバブルを生きた名車、三菱 GTOってどんな車か覚えてる?

三菱 GTOは、バブル時代に生まれたスポーツカーの1台で、スタリオンの後継モデルとして登場しました。当時、さまざまなスポーツカーが開発されたなか、三菱 GTOのスペックや実際の評判はどうだったのでしょうか。

Chapter
バブル時に生まれた三菱のスポーツカー
数々のマイナーチェンジ
いつかは乗ってみたい

バブル時に生まれた三菱のスポーツカー

三菱 GTO 1990
三菱 GTO 1990

日本がバブル景気で盛り上がり、経済的にも潤っていた1980年代終わり、自動車メーカーはこのときばかりと、さまざまなスポーツカーを発表しました。

そのなかの1台が、三菱自動車のGTO。北米市場を見据えて製造されたスタリオンに続くモデルとして、1990年に発表されたスポーツカーです。

全長4,555mm×全幅1,840mm×全高1,285mmという大柄なボディに、エンジンは排気量2,972㏄の水冷V型6気筒DOHCと、同じエンジンにインタークーラーツインターボを装着した2種類を用意。ツインターボの最高出力は、当時のメーカー自主規制値いっぱいの280ps/6,000rpm、最大トルクは42.5kgm/2,500rpmを発生していました。

駆動方式は4WDで、4輪操舵(4WS)も装着。さらに高速走行時に可動する「アクティブエアロシステム」や、排気系にはマフラーへの流入経路を切り替えることでエキゾーストの音質が変えられる「アクティブエキゾーストシステム」など、ハイテク装備満載のGTOは、先に登場していた日産 R32GT-Rに対抗するスポーツカーとして、多くの注目を集めました。

しかし、サルーンのディアマンテから主要コンポーネンツを頂いたGTOの車両重量は1,700kgと重く、前後重量配分も60:40など、スポーツカーとしては不満のあるものでした。

次ページ
GTO、数々のマイナーチェンジが施された