回生ブレーキ

減速時に車両走行の運動エネルギーを電気エネルギーに変換し発電をおこなう技術です。「電力回生ブレーキ」や「回生制動」ともいいます。回転すると発電するモーターの特性を利用し、車輪の回転力をモーターへと伝え発電を促すことで蓄電池を充電する仕組みです。

モーターが充電を行う際の抵抗がブレーキとして作用することから「回生ブレーキ」と呼ばれます。電気自動車やハイブリッド車はもちろん、エレベーターや鉄道車両などにも搭載されています。

回生ブレーキ