AMT

セミオートマチックトランスミッションの略称で、変速操作は手動で行い、クラッチ操作のみを自動化した技術です。セミオートマや2ペダルMTとも呼ばれ、シングルクラッチ式(SCT)とデュアルクラッチ式(DCT)の2種類があります。

クリープ現象がないことやクラッチ操作で生じる車体揺れのリスクを減らせること、燃費が良いことが特徴です。AT免許で運転できることから、近年ではAMTを搭載したトラックが増えています。

AMT