デパーチャーアングル

デパーチャーアングル

後輪の設置面からリアバンパーまでの直線と路面との間にできる角度です。クロスカントリー用車両の走破性の高さを示す指標の1つで、角度が大きいほど傾斜に登る際にリアバンパーが地面に触れにくくなり、下りる際には傾斜に引っ掛かりにくくなります。また、前輪の角度を「アプローチアングル」といいます。

商品詳細