クルーズコントロール

高速道路などで、アクセルを踏まなくても一定の速度を保つ機能です。アクセル操作をする時間が減るため、運転による疲労が軽減し、さらにムダなアクセル操作がないことから燃費の向上が見込めます。

近年では、前方を走る車に合わせた速度をキープしてくれる「追従型クルーズコントロール」が普及しています。例えば、前方の車が90km/hで走行していると自動的に90km/hに速度を落とし、前方の車がいなくなると再び100km/hで走行するといったように、状況に合わせて速度が自動的に調整されます。