ランプブレークオーバーアングル

前後輪の設置面から直線を伸ばした時、ホイールベース中心の車体底部で交差する直線同士の角度です。クロスカントリー用車両の走破性の高さを示す指標の1つで、角度が大きいほど、車体が岩に乗り上げた時に岩が車体底部に触れ難くなるため、不整地での走破性が上がると言われています。

また、走破性の高さを示す角度として他にも「アプローチアングル」と「デパーチャーアングル」があります。

ランプブレークオーバーアングル