自動車リサイクル法

自動車リサイクル法

ゴミを減らし資源を無駄遣いしないことを目的に、メーカーからクルマの所有者まで車のリサイクルに携わる関係者の役割を定めた法律です。現在は年間で約350万台が廃車に。

廃車の不法投棄や環境面への悪影響などが懸念され、自動車リサイクル法が制定されました。所有者は、新車購入時にリサイクル料金を負担と引取業者への引き渡し。メーカーは製造・輸入したクルマのリサイクルを担います。