TPMS

Tire Pressure Monitoring Systemの頭文字を取ったもので、タイヤ空気圧警報システムと邦訳されます。空気圧が規定値を下回った場合に警告するもので、検知方法には間接式と直接式があり、間接式は空気圧の低下によってタイヤの外形が小さくなり回転数が増加する事を利用して検知します。

直接式は、ホイールの内部にセンサーを付け、タイヤの空気圧や温度を検知し、空気圧が既定値を下回った場合は警告する方式です。タイヤの空気圧が下がると、路面を転がるときの抵抗が増加して燃費が悪くなるほか、パンクやバーストの原因となります。定期的にメンテナンスをすることが大切です。

TPMS