被害軽減ブレーキ

被害軽減ブレーキは、自動車が障害物を感知して衝突に備える機能の総称です。車載カメラやレーダーで前方を警戒し、車への接近や障害物を感知した場合に、アラーム音や警告灯でブレーキ操作による衝突回避を促します。

警告後もブレーキの操作がない場合は、自動でブレーキをかけ、極力衝突を回避します。探査には赤外線を使うこともありますが、ミリ波レーダーを使うことが一般的です。大型車の追突事故の被害は乗用車よりも大きいため、先行して義務化されましたが、2019年2月から乗用車でも義務化されています。

被害軽減ブレーキ