ハイオクガソリン

高オクタン価ガソリンといい、レギュラーガソリンよりオクタン価が高いガソリンです。ハイオクと略称されます。オクタン価とはエンジン内での自己発火のしにくさ、ノッキングの起こりにくさを示す数値です。

数値が高いと混合気を高く圧縮でき、燃焼エネルギーを大きくすることができるのでノッキングを起こしにくくなります。また、ハイオク車にレギュラーガソリンを入れると出力と燃費が悪化し、ノッキングが発生する恐れがあるほか、深刻な故障の原因になり得ます。

ハイオクガソリン