セニアカー

高齢者向けに開発された、三輪または四輪の一人乗り電動車両です。シニアカーなどとも呼ばれます。道路交通法では歩行者として扱われるため、歩道を通行します。ゲートボールが流行っていた頃に、コートまでの移動手段としてスズキが開発。

運転免許証が不要なことから、高齢者の間で広がりました。福祉用具とされるため、購入の際に消費税は課されません。なお、シルバーカーはセニアカーの別称ではなく手押し車のことです。

セニアカーの写真