水平対向エンジン

レシプロエンジンの形式の一つで、1本のクランクシャフトをはさんでシリンダーを左右に水平に配置し、対になるピストン同士が必ず向かい合うように下降または上昇するエンジンである。ピストンがボクシングのパンチのように動くためボクサーエンジンとも呼ばれる。

気筒配置や外形の似たエンジンとして180°V型エンジンがあり、広義にはこれを水平対向エンジンに含む場合がある。全高が低く重心が非常に低くなるが、全幅は大きくなる。

水平対向エンジン