クリーンディーゼル

ピストンで空気を液体燃料の発火点以上に圧縮加熱し、そこに液体燃料を噴射して自己発火させる。これにより生じた燃焼ガスの膨張でピストンを押し出す「圧縮着火拡散燃焼機関」である。ディーゼルエンジンの本質は「点火装置が不要な内燃機関」である。

そこに「コモンレールシステム」という燃料噴射システムを採用することで、排気ガスや騒音などのデメリットを克服したディーゼル車、あるいは搭載エンジンのことを指す。環境保護に敏感な欧州ではエコカーとして普及が急速に進んでいる。