CVT(Continuously Variable Transmission)

ギア以外の機構を用い変速比を連続的に変化させる動力伝達機構。"無段変速機"や"連続可変トランスミッション"などと呼ばれることもある。変速ショックが少なく、すべての回転数で効率よく動力を伝えることが可能。ただし、通常のトランスミッションに比べコストがかかる、などのデメリットも存在する。

CVT (1987年 第27回東京モーターショー:日産)