国産のミニバンに乗りたくないあなたに

輸入ミニバンがベストチョイス?!

トゥーラン

そういう人は、ぜひ輸入ミニバンに目を向けてみてください。

輸入車のミニバンってあまりないような気がしますが、実はあるんです。その代表的存在が、Golf Touran。名前の通り、Golfをベースにした3列シートミニバンです。

エクステリアは最新のフォルクスワーゲンフェイスを受け継いでおり、シャープで洗練された雰囲気。

5ナンバー枠にしばられていないため、全幅に余裕があるのでボディサイドのラインもダイナミックです。それでいて全長は4535mmとあまり大きくないので、運転もラクです。

インテリアもGolf譲りのスポーティな雰囲気で、ミニバンというよりも高品質なセダンという感覚。

ディテールの大人っぽさや、クオリティの高い仕上げなど、さすがドイツ車だと思わずにはいられません。3席が独立した2列目シートなども、機能的で実に使いやすく作られています。

ミニバンなのに走りも意識された作り

また日本車のミニバンと大きく異なるのは、走りを重視していることです。そもそもミニバンにしては車高が低く、足まわりもほどよく硬めてあるので、コーナーでもグラグラすることなく、まるでスポーティセダンのように走ることができます。

1.4Lターボエンジンと7速DSGの組み合わせも、キビキビとした走りを生み出します。

それを象徴するのが、「TSI R-Line」です。

スポーティな専用デザインの前後バンパーやバケットシートを装着し、1500回転から湧き出る250Nmのトルク豊かなエンジンの走りは国産ミニバンとは走りの余裕が異なります。

エンジンやシフトのプログラムを4つのモードから選択できる「ドライビングプロファイル機能」や、ダンパーの減衰力や電動パワステの特性を3つのモードから選択できる「DCC」など、ミニバンの概念を変えるスポーティさが魅力のグレードです。

ミニバンは家族のためのクルマであって運転の楽しさやスタイルは二の次、という固定観念を、Golf Touranは打ち砕いてくれるでしょう。

オシャレなアクティブライフを演出するには、最高の1台ではないでしょうか。

関連キーワード

この記事をシェアする