下火の国産車…Passat Variant躍進中

なぜ、ワゴンの本場である欧州で評価を得ているのか

パサート ヴァリアント

しかしこのワゴンというジャンル、ヨーロッパではスタンダードなファミリーカーとして昔から一定の人気があります。

中でも高い人気を誇っているのがフォルクスワーゲン・Passat Variant。ヨーロッパをドライブすると、実に多くのPassat Variantが走っているのを目にします。

なぜPassatはワゴンの本場、欧州で評価されているのでしょうか。

まず最も大きな魅力は、ラゲージスペースの大きさです。

夏になると荷物を満載して長期のバカンスに向かうことがスタンダードとなっているヨーロッパの人たちにとって、ラゲージスペースは本当に重要。Passat Variantのラゲージ容量は650L。これがどれほど大きいかは、同クラスのBMW3シリーズツーリングのラゲージスペースが495Lであることを見れば、おわかりでしょう。

ちなみにスバル・レヴォーグは522L。この圧倒的なラゲージスペースだけでも、Passat Variantを選ぶ価値は十分にあるといえるでしょう。

ユーティリティの徹底

パサート ヴァリアント

また、両手いっぱいに荷物を持ってリヤハッチを開けようするのは意外と大変なもの。

こんな時でもPassat Variantはキーさえ持っていればリヤバンパーの下で足を動かすだけでリヤハッチを開けることができます。

ワゴンを使い倒す人には必需品のルーフレールも全車標準装備。このように、“荷物を運ぶクルマ“としての機能を徹底的に追求しているのが、Passat Variantなのです。

そして一番うれしいのは価格でしょう。限定250台で登場した「Voyage」はTSI ComfortlineをベースにLEDヘッドライト、純正インフォテイメントシステム、リヤカメラ、スモークウインドウを標準装備して389万円です。
※限定250台で登場した「Voyage」は限定車のため、売り切れ次第販売終了となります。在庫状況などはお近くのディーラーにお問い合わせください。


輸入車でありながら、これはレヴォーグとも十分に比較検討できる価格。本当に使えるワゴンが欲しい人は、見逃すことはできませんね。

関連キーワード

この記事をシェアする