3つの走行モードで退屈なハイブリッドから脱却…新生Golf GTEの魅力とは?

燃費勝負ではないGolf GTEの魅力

フォルクスワーゲン ゴルフGTE

フォルクスワーゲンのハイブリッドモデルはGTEシリーズと呼ばれ、プラグイン充電を可能としたのも特徴です。

日本ではGolf GTE、Passat GTE、Passat GTE Variantが販売を開始しています。中でもGolf GTEにおいては「へぇ、GolfのHVか。ちょっと興味はあるけど、燃費はどのくらいなんだろう?」なんて、ついついプリウスあたりと比べたくなりますが、Golf GTE のハイブリッド燃料消費率はJC08モード23.8km/Lと驚くような数値ではないかもしれません。

では、Golf GTEの魅力はどこにあるのか。そこを探ってみると、クルマに求めるものの違いが浮き彫りになってきます。

プリウスにも用意されていますが、Golf GTEは外部電源を利用してリチウムイオンバッテリーに充電することが可能なプラグインハイブリッドシステムを採用しています。

フロントグリル中央の丸いエンブレムを開くと充電ポートが現れ、そこにチャージングケーブルを接続して充電できます。しかし、Golf GTE はEVではなくHVですから、エンジンと電気モーターを備えています。

エンジンは最高出力110kW(150PS)、最大トルク250Nmで、これに80kw(109PS)/330Nmのモーターが組み合わされ、システム全体としては150kw(204PS)/350Nmを発揮するかなりパワフルなパワートレーンです。

3つのドライブモード

無題

そして、このシステムはパフォーマンスを3つのドライブモードで引き出すことができるのが、Golf GTEの特徴。

ひとつめは電気モーターのみで走行する「E モード」で、最大航続距離は約50km。

ふたつめは、走行状況に合わせてエンジンとモーターを効率よく選択しながら走る「HV モード」。そして3つめはエンジンとモーターの性能を十分に発揮させる「GTE モード」。

つまり、ちょっとした買い物なら電気自動車のように、ロングドライブは燃費のいいHV、さらにスポーツドライブを楽しみたいときはスポーツカーに変身! というように、走行モードの選択でクルマのキャラクターを変えることができるのです。

一度は味わいたいGTEモード

無題

※写真はPassat GTE

なかでも注目なのが「GTE モード」。

ネーミングからしてGolfのスポーツグレード GTIとの違いが気になりますが、GTIの2Lターボエンジンは最高出力162kW(220PS)、最大トルク350Nmと互角の勝負。

ただし、車両重量はGTEのほうが少々重く、GTIの1390kgに対して、GTEが1580kgと190kgの差があります。

ところがモーターが巧みにエンジンをアシストするGTEは、それを感じさせない俊足。

モーターならではの、低速からフルにトルクを発生できる特性も効いているでしょう。

さらに後席フロアにリチウムイオンバッテリーをレイアウトしている恩恵で、重心が低く重量バランスにも優れているため、運転して楽しいクルマに仕上がっているのです。

燃費だけではない、クルマの持つ本来の魅力を備えた痛快なHV、それがGTEシリーズといえそうです。

関連キーワード

この記事をシェアする