トヨタ ヴァンガードの新車価格と現在の中古車市場は?オススメモデルは?

ヴァンガードの新車価格(2007年発売当時)と特徴

トヨタ ヴァンガード350S“Gパッケージ”(7人乗り)

トヨタ ヴァンガードの初登場は2007年、「アクティブ&ラグジュアリー」をコンセプトに発売されました。

SUVではありますが軽量なモノコック構造を採用。本格的な悪路走破4×4ではなく、街乗りを中心とした快適で上質な走りを提供するアーバン感覚のSUVです

サイズもハリアークラスなので、街中でも持て余すことはありません。新車発売当時の車両本体価格は2,646,000円〜3,349,500円でした(税込)。

ヴァンガードは2013年で販売が終了しているため現在は中古車でのみ購入ができます。

発売当時は2.4L(2AZ-FE型 直4 DOHC 170PS/22.8kgf·m)と3.5L(2GR-FE型 V6DOHC 280PS/35.1kgf·m)の2種のエンジンをラインナップしていましたが、 V6モデルは2012年でラインナップから外れました。

また、発売当初は全車4WDでしたが、2008年8月のマイナーチェンジで「240S」「240S Gパッケージ」に2WD車が追加されています。

この際、内装色の変更、ボディカラーの追加、むちうち傷害軽減に寄与するアクティブヘッドレスト(運転席・助手席)が標準装備となりました。

中古車としてのヴァンガードの魅力は?

ヴァンガードの中古車市場を見てみると、発売から10年以内の車ということもあって全般的に比較的きれいで状態の良いモデルが多いようです。車高が高く4WDモデルが中心のSUVですが、悪路走破をしている車は少ない傾向にあります。

そしてヴァンガードはモデルチェンジをせず、2010年にマイナーチェンジを受けましたが、大きな違いはありません。1代限りの車のため、年代による価格差もそれほど大きくないようです。

また、ヴァンガードには5人乗りと7人乗りがありますが、ミドルクラスゆえに全長が短く、足元の狭さなどを考えると7人乗りの3列シートは近場の移動のみ、また緊急用として考えるべきでしょう。

ただし、3列目シートの座り心地はそれほど悪くはなく、床下に格納が可能なので不要なときには広いラゲージスペースを創出します。いざというときにはやはり7人乗りは便利です。

中古車市場でも5人と7人乗りの差はほとんどないので、他の条件が合っていれば7人乗りをお勧めします。

ヴァンガードのオススメ中古車は?

中古車情報サイト「ガリバー」でヴァンガードを調べると、良い在庫が見つかりました!

ヴァンガード 240S 平成23年式(2011年式) 

車両本体価格(税込):189万8640円
年式:平成23年式(2011年式)
走行距離:49,000キロ
ボディサイズ:4,570×1,815×1,685mm(全長×全幅×全高)
搭載エンジン:2.4L
駆動方式:2WD
定員:5名

2011年式2.4Lの5人乗り2WDモデルです。ボディカラーは人気のホワイトパールクリスタルでとてもきれいな状態です。カーナビやアルミホイールも装備されています。車検切れなので、購入時に新たに取得することになります。

オススメの中古車その2

ヴァンガード 240S 平成25年式(2013年式)

車両本体価格(税込):219万8880円
年式:平成25年式(2013年式)
走行距離:24,000キロ
ボディサイズ:4,570×1,815×1,685mm(全長×全幅×全高)
搭載エンジン:2.4L
駆動方式:4WD
定員:5名

こちらは2013年式と年式も新しい、2.4Lの5人乗り4WDモデルです。カーナビ、アルミホイール付き。修復履歴はなく、室内外の状態はとてもよく、走行距離も2.4万キロと少な目。車検はないので新たに取得することになります。

1代限りとなってしまったヴァンガードですが、中古車市場ではまだまだ人気です。ユーザーの年齢層が高めなことから、全般的に走行距離は少なめで丁寧に乗られてきた車が多いのも特徴です。中古車で買っても長く乗れる車です。

この記事をシェアする

最新記事