レクサスGSは先代モデルの中古車が買い時?新車価格と比較!

欧州ブランドと比較すると、新車価格は安い?

レクサスGS 2016

強豪ひしめくライバルの中で、日本勢を代表するといっても過言ではないほどのブランド力を持っているレクサス GS。新車価格はベーシックグレードで約550万円〜で設定されています。この価格を高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、少なくともレクサスがターゲットとしている欧州ブランドモデルと比較すれば、安いことは明白です。

メルセデス•ベンツ Eクラスや、BMW 5シリーズなどのクラスともなると、ベーシックモデルでも600万円台が当たり前。それを踏まえるとレクサス GSが500万円台に抑えられているのは秀逸です。しかも、これら欧州ブランドのベーシックモデルと比較し、より豊富な快適装備や安全装備を盛り込んだうえでの価格設定ですから感心させられます。

それでは圧倒的にレクサスが売れているのでしょうか?残念ながらそうはいかないようです。競合のドイツ車メーカーに比べレクサスには足りないものがありました。それは「ブランド力」。

価格差が大きくても、よりブランド力のあるメルセデス•ベンツやBMWを選択するケースが多く、現実問題GSの販売は苦戦していると言えるでしょう。また、レクサスはいまなお、値引きをほとんど行わないため、実勢価格で欧州ブランドとそこまで大きな差が開かないことも販売が伸び悩んでいる要因の一つです。

中古車の価格はいかに?

レクサス GSが欲しいのであれば、中古車で購入するという選択肢ももちろんあるでしょう。現行モデルは登場してから日が浅いため、中古車相場もやや高めですが、先代モデルは程度の良い個体が比較的安価で購入できます。

とりわけ初期モデルは、程度の良いもので100万円台で購入できるものもあります。これは初期モデルの販売がレクサスブランドの日本展開と同時だったため、大いに注目されるであろうという見込みのもと、販売台数も多く設定されていたためだと考えられます。

先代と言っても現代のモデルと大きな差はなく、日常ユースでは何ら問題はないでしょう。強いて言えば、衝突予防安全装置は今のGSのほうが充実しています。それ以外の快適装備は十分すぎるほどで、動きも非常にスムーズ。「さすがレクサス」ともいうべき圧倒的な質の高さを誇ります。それゆえ、登場から約10年が過ぎようとしても色あせないのかもしれませんね。

買うなら先代モデルがオススメ!

レクサスGS H17年式

500万円台ということでなかなか手を出しづらい新車のGS。中古でも高い価格相場を形成しているため、現状では新車と比較してもうまみが少ないことを考慮すると、圧倒的なおすすめモデルは先代の中古であると言えるでしょう。

ただし、レクサスとはいえ手荒に扱われた個体も市場には流通しているようです。また、電子デバイスも多用されていますので、保証体制がしっかりした大手中古車販売業者や、ガリバーなどの古車買取専門店が経営している中古車店で購入することをオススメします。

あるいはレクサスの認定中古車も良いでしょう。認定中古車は、非常に厳しい独自基準をクリアしたモデルのみ店頭に並べてあるので、安心感の点では一歩上です。

また、ガリバーなどが経営する中古車店は、中間マージンがない分、相場より若干低めのプライスが掲げているケースが目立ちます。中古車を購入する際は店舗選びも非常に重要ですね。

関連キーワード

この記事をシェアする