レクサスGSは先代モデルの中古車が買い時?新車価格と比較!

レクサスGS

大胆でワイルドなフロントグリルを備えるレクサスGS

レクサス GS

現行GSのエクステリアの特徴として、フロントグリルが挙げられます。大胆でワイドなフロントグリルは「スピンドルグリル」の名称がついており、各レクサス車に導入されています。これまでの日本車では見られなかったダイナミックな躍動感を実現しました。

なかでも現行モデルはこれまでのモデルに比べ、リヤを低く抑えたことで、流麗でのびやかなフォルムを実現したのが特徴です。先代までのGSはリヤが高めに設定されていたこともあり、ボリューミーなイメージを彷彿させたやすかったことをふまえると、現行モデルは大きく変わったと言えるでしょう。

また、新たに設定された「F」モデルは、流麗で流れるようなフォルムに、専用のエアロパーツやアルミホールを装着。スポーティなイメージをより引き立てると同時に、ドライバーに「刺激」と「やる気」を与えてくれます。2代目GS、日本名アリストではスポーツしようとしてベルテックスエディションが設定されていましたが、現行はそれとは異なり、究極のスポーツ性能を探求し設計、装備されているだけあって、その実力は世界的に見ても第1級です。見た目だけでなく性能にも寄与しているのは本物の証ですね。

レクサスGSの内装

上質な素材の華やかな内装

レクサス GS

インテリアには上質な素材が採用されています。木目は、木目調ではなくリアルウッドを用い、本物の木が持つぬくもりをドライバーに与えます。この木目と調和する本革も、高品質を追及。1ランク上のセミアニリン本革であれば、より上質な室内空間を堪能できます。

各所の組立精度も高められており、室内空間の質感向上につながっています。精度の高さは、各所の動作に結び付いており、その動きは高級車にふさわしいものとなっています。この動きのスムーズさは、乗員に感覚的な心地よさを与え、乗るたびに所有する歓びを与えてくれます。

レクサス GS

また、これらの素材には各色を用意。華やかなベージュ系から、シックなブラック基調までさまざまな配色を選択できるのもうれしいポイント。特にレクサスは日本車らしかぬ華やかな内装に力を入れているだけあって、ベージュ系であっても過去の日本車とは比較にならないほど丁寧にまとめらています。

なお、「F」モデルのインテリアはブラック基調でスポーティさを前面にアピールしています。また、走りを意識しての材質、形状となっていることも特徴です。それでいて快適性も備えているのですから、これはもう本格的なGTセダンを言えることでしょう。

歴代レクサスGSのデザインも魅力的!年式別のレクサスGS比較!

レクサス GSはレクサスがグローバル展開を主眼とし、開発されたモデルだけあって、そのエクステリアやインテリアは日本車的思想から大きく離れています。特に現行モデルはそれが顕著となっています。

先代モデルまでは日本車的「豪華さ」を備えているので、もしそういった日本車然としたスタイルや内容を求めるのであれば、あえて中古車を購入するのも選択肢として大いにありえることでしょう。過去に大人気だったアリストのエクステリアデザインの流れを汲む先代モデルが今なお人気を保っていることからも、中古車購入の選択は間違っていないはずです。

ちなみに、初代GSのデザインはジャガーに採用される可能性があったものです。そんなデザインの流れを汲む初代~2代~3代目を中古車で購入し、楽しんでみてはいかがでしょうか。

トヨタ車らしからぬデザインで初代レクサスGSが登場

トヨタ アリスト

レクサスGSは1993年に日本で販売されていたアリストのレクサス版として登場しました。

アリスト自体がこれまでのトヨタ的思想とは異なるビジョンで作られたこともあり、GSも国際的に人気を集めました。特にデザインは秀逸で、本来ジャガーで使われるはずだったものをトヨタが採用しただけあり、低く流麗なデザインはそれまでのトヨタ車と全く異なるものとなりました。

また、エンジンも基本メカニズムを共有するクラウンとは異なり、ターボモデルを設定。その暴力的な加速においても多くの人を魅了しました。なお、GSではターボモデルは設定されず自然吸気のみ。その要因は、レクサスのブランドイメージと暴力的な加速を備えるターボモデルのイメージが合わなかったためと、本格的なGTカーとして販売するためと言われています。

2代目GS、よりアグレッシブなデザインと機構を搭載

トヨタ アリスト

2代目GS(アリスト)は、新規プラットフォームを採用したことで、走りや安全性能が大幅に向上。

デザインは、当時、一世を風靡していたメルセデス•ベンツ Eクラスにも似た楕円をモチーフとしたヘッドライトが特徴的です。メルセデス•ベンツのパクリなどと揶揄されることもありましたが、ユーザーには好評でした。

エンジンにおいては、初代に設定されていた4リッターモデルが、日本市場のアリストのラインナップから外れたものの、ターボモデルは継続して設定。暴力的な加速は継承されました。この2代目GSは、当時のトヨタ車の中でもとりわけ高い人気を誇り、日本ではランドクルーザーと並び、盗難率の高い車となったことは有名な話です。

3代目GS、レクサスブランドとして販売開始

レクサス GS

2005年に登場した3代目GSは、日本市場にもレクサスブランドとして販売されることとなった記念すべきモデルです。これにあわせて、アリストは日本市場では消滅することとなりました。

そして、3代目GSはさらに国際規格で作られたこともあり、これまでのGSとは大幅に異なった内容となりました。

まず、エンジンについてはターボモデルに代わり、自然吸気エンジンとハイブリッドエンジン(エンジン+モーター)仕様の2本立てとなり、内装の質感も大幅に向上。それに伴い、価格帯も大幅に上昇し、500万円以下での購入は不可能となりました。ようやく、メルセデス•ベンツ EクラスやBMW 5シリーズと対等にわたりあえるモデルとなったのです。

レクサスの象徴「スピンドグリル」でダイナミックなデザインに進化

3代目GSは、海外、特に北米市場では引き続き人気を集めたものの、日本市場では欧州勢のブランド力の前では苦戦。当初の販売は順調であったものの、その後の販売台数は芳しいものではありませんでした。そこで、3代目の反省点を徹底的に検証し、登場したのが現行の4代目です。

現行は、レクサス共通のアイデンティティとなる“スピンドルグリル”を採用。よりダイナミックになったデザインは質感の向上をも両立させることに成功し、メルセデス•ベンツやBMW、アウディなどと比較しても大いに注目を集めるものとなりました。

また、メルセデス•ベンツのAMGやBMWのアルピナを意識した「F」モデルも設定。高い運動性能から、これまでレクサスに見向きもしなかった層からも大きな注目を集めています。

この3代目、4代目は中古車市場でも比較的多くの台数が流通しています。現行モデルは未だ高い価格相場を形成していますが、3代目はその内容を考えると“お得”なプライスを掲げているケースが目立つのでおすすめと言えるでしょう。

次ページ現在のレクサス GSの中古車価格は!?

この記事をシェアする

最新記事