多彩すぎるシートアレンジが魅力!三菱 デリカD:5の荷室や収納が凄すぎる!

ミニバンとしては平均的な室内サイズ

無題

デリカD:5の室内サイズは、室内長×室内幅×室内高=2915×1505×1310mmで、ミニバンとしては平均的なサイズです。デリカD:5は発売から10年目を迎えるため、設計が新しく室内長3メートルを超えるセレナやステップワゴンよりはやや小さな数字になっています。ただし、室内幅は1500mmを超えているので、車中泊では大人二人+小さな子供1-2名がゆったり寝られるサイズといえます。

1BOXミニバンのお約束!豊富なシートアレンジが楽しい

三菱 デリカD:5 パワーパッケージ2009

デリカは3列シートを有し、乗車定員は7-8名となっています。このため多様なシートアレンジが可能です。フル乗車(3列使用)、5名乗車(2列使用)、2名乗車(1列使用)のほか、2・3列目はそれぞれ分割して格納できるため、片側だけ座席として使用し、格納した側を収納スペースとして使うことも可能です。

それでは、実際のシートアレンジのパターンをご紹介します。

5人乗車

3列目シートを跳ね上げます。そうするとラゲッジスペースが広がり、5名が乗車したとしても荷物を充分に積めます(荷室長1200mm)。

2名乗車+最大ラゲッジルーム

2列目のシートをチップアップ&スライドし、3列目を上げてみましょう。後方の空間をラゲッジスペースとして活用することが可能です(荷室長1610mm)。

フラットシートレイアウト(2列目シート~3列目シート)

2列目シートを倒して、リラックスできるフラットモードにしてみましょう。大人2名+子供1〜2名の家族で車中泊も可能です。

フラットシートレイアウト(フロント~セカンドシート)

フロントシートを倒して、ヘッドレストを外してみましょう。2列目シートに座って足を伸ばしながらゆったりとくつろげる空間に変わります。

このフラットモードは長距離でのドライブの時などに休憩として使ってみるといいかもしれません。

小物収納スペースも豊富

室内のスペースを、アイデアで有効利用。家族での移動を考慮し、様々な場所に便利な収納スペースが設けられています。3列シートどこに座っても便利な小物入れがありますが、助手席にはティッシュボックスや小物などの収納に便利なアッパーグローブボックスとロアグローブボックス。さらに、アッパーグローブボックスの底面トレイを取り外せば、上下がつながり深さのある大容量のスペースが生まれます。

助手席と運転席の間にはフロアコンソールボックスがセットされています。収納スペースとして最大限活用することが可能です。2列目シートの乗員からも利用しやすいカップホルダーは全部で4つ。小物の収納に便利なフロントボックス、リッドを閉めれば見た目もスッキリなリッド付アクセサリーボックス。またメーカーオプションの選択時には、音声/映像入力RCA端子、ACパワーサプライ(AC100V)が設置されます。

マルチユースフックは合計14個!

デリカD:5にはリングフックを起こしてロープなどがかけられるマルチユースフックが車内に合計14個設置されています。積みたい荷物や使いたい道具に合わせて、自在に使うことが可能です。

人も荷物も余裕をもって運べる広い室内も魅力ですね。乗る人数や積む荷物のサイズを考慮して最適なシートアレンジを考えてみるのも楽しそう!

関連キーワード

この記事をシェアする