三菱 デリカD:5の特別仕様車紹介!シャモニーなど歴代の人気モデルは?

30年の歴史を持つ特別仕様車「シャモニー」 とは?

デリカでおなじみの特別仕様車「CHAMONIX」が初めて発売されたのは1985年。2代目デリカとなる、デリカスターワゴンに設定されました。第1回の冬季五輪開催地であり、フランス・モンブランの麓に位置するリゾート地「シャモニー」から名付けられ、限定車だからできるという強みを生かし、デザインアクセントやオリジナルカラーなどスペシャル感の演出と、スキーヤーのクルマの使い方を徹底的に研究した機能装備という、こだわり抜いたものでした。

当時のスキーブームとも重なり、シャモニーは登場時から人気を博し、以降、毎年冬の定番車として改良され、スターワゴンからスペースギア、最新のD:5 まで30年にわたって代々引き継がれています。当初はスキー仕様車というイメージでしたが、現在はシーズンを問わずいつでも快適にアクティブに使えるデリカ本来の魅力をより強くアピールする車です

最新のデリカ D:5シャモニーは?

■デリカ D:5 シャモニー 2015年発売の第7期モデル

三菱デリカ シャモニー最新モデル2015

デリカ D:5 シャモニーは、クリーンディーゼルエンジン搭載グレード「D-Power package(8人乗り)」をベース使用。以下の装備を採用しながら、リーズナブルな価格に設定されています。価格ラインナップは6速スポーツモードAT・4WDで3,788,640円(MMCS装着)と、3,611,520円(MMCS非装着)の2種となっています。

MMCSとは、Mitsubishi Multi Communication System(三菱マルチコミュニケーションシステム)のこと。高画質かつ高精度の7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション装着有無の選択が可能です。いずれもクリーンディーゼル車なので、エコカー減税及び自動車税のグリーン化特例の対象となり、自動車取得税、自動車重量税が免税となるほか、新規登録された翌年度の自動車税が概ね75%軽減されます。また、CEV補助金の対象となり、制度を利用した場合、最大5万円の交付が受けられます。

シャモニーの装備内容は?

運転席パワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)を採用し、利便性を高めています。ボディカラーは、2トーンを2色展開(ウォームホワイトパール/クールシルバーメタリック、クールシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック)、モノトーンを2色展開(ウォームホワイトパール、ダイヤモンドブラックマイカ)の4色展開となります。

メッキのアウタードアハンドルとウィンカー付電動格納式リモコンドアミラーを採用して、フロントグリル、前後バンパーのアンダーカバー、ドアガーニッシュとのコーディネートを図ったほか、「CHAMONIX」のエンブレムをテールゲートに装着し、プレミアム感を演出しました。
人気の高いブラック内装、本木目&本革巻ステアリングホイール、各種木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウインドウスイッチパネル)、リラックスルームイルミネーション(ホワイト天井照明)を採用し、上質感あるインテリアとしています。

デリカD:5特別仕様車「ROYAL EXCEED」

三菱デリカ ロイヤルエクシード

ロイヤルエクシードシリーズもデリカを含む三菱車ではおなじみの特別仕様車です。

クリーンディーゼルエンジンを搭載した上級グレード「D-Premium」に標準装備されている7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション(MMCS)、マルチアラウンドモニター(ノーズビュー、サイドビュー、リヤビュー)、ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム、エレクトリックテールゲートなど充実の機能に加え、以下の特別装備を採用。

・エクステリア
上品な輝きを放つフロントグリル(クロムメッキ)、18インチアルミホイール(スパッタリング仕様)を採用。
・インテリア
本革シート(運転席パワーシート、運転席・助手席シートヒーター)、本木目&本革巻ステアリングホイール、各種木目調パネル、リラックスルームイルミネーション(ホワイト天井照明)等を採用
・9インチワイド液晶ディスプレイ(リモコン付)+音声・映像入力RCA端子を標準装備。


お買い得で装備充実の特別仕様車はデリカシリーズの中でも大変人気が高いモデルです。気になる方は中古車市場をチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする