レクサスCTの中古価格・グレード比較|レクサスCTのフルモデルチェンジはいつ!?

レクサスCT

レクサスCT

レクサスCTが登場したのは2010年3月。ジュネーヴ・モーターショーにて初公開されたレクサスCTは、レクサス初のCセグメントでした。それまでのレクサスは基本的にはもう少し大きなセグメントのモデルが多かったため、レクサスブランドによるCセグメント車の発表は自動車業界全体に大きな衝撃をもたらしました。

ヨーロッパでの登場は2010年3月でしたが、日本では2011年1月、北米では2011年の春からの登場。レクサスのモデルにしては珍しいハッチバックは、投入された時期からも分かるように、欧州向けだったためとも言われています。

ちなみに、他のレクサスモデルではガソリンとハイブリッドモデルを併売するパターンが定着していますが、CTに関してはハイブリッド専用モデルのみとなりました。

このレクサスCTがフルモデルチェンジの時期がそろそろ来るのではないか?と噂されています。そのフルモデルチェンジの噂とともに、今までのマイナーチェンジではどのように変わったのかも踏まえてみていきましょう!

レクサスCTはマイナーチェンジで何が変わった!?

レクサスCT

レクサスCTは、レクサスモデル唯一のハッチバックでありつつ、レクサスブランドとしてはリーズナブルな価格設定も手伝い、人気を集めました。

そして日本発売から3年後の2014年1月16日、マイナーチェンジを果たすこととなりました。では、2014年のマイナーチェンジ前後では一体何がどのように変わったのでしょうか?
(※価格は2016年4月時点の価格です)

フロントフェイス

まず何より目に入るのが、レクサスCTのフロントフェイスです。

マイナーチェンジ後のレクサスCTは、レクサスのデザインアイコンでもある「スピンドルグリル」が導入されました。

それまでのCTのフロントフェイスは、「レクサスらしい」良く言えば大人の落ち着きのある、悪く言えば没個性的なデザインでした。ですが、マイナーチェンジしたレクサスCTはレクサスの新しい象徴でもあるスピンドルグリルとなり、今までの「無難」とは程遠いデザインのフェイスと変わりました。

この新しいスピンドルフェイスに関しては様々な声があります。「レクサスらしくない」という声もあれば「冒険していてよい」「迫力がある」「ギラついていて良い」など、いろいろな意見が飛び交いましたが、悲喜交々多くの声があったのも、レクサスの注目度と期待が高かったからに他なりません。

より自分好みのカスタマイズが可能に

アルミホイールのデザイン変更、ボディカラーの新色追加などは一般的なマイナーチェンジにもありますが、加えて、シート表皮や内装色、パネルの組み合わせを80通りにまで拡大しています。これにより、「自分だけのレクサスCT」に仕立てる事が可能となりました。

高級車を所有する人は、出来れば「唯一無二のレクサスCTを」と考えているものです。スピンドルグリルばかりに目がいってしまいがちなのですが、細かいユーザーニーズに応えてくれるようになった点もまた、マイナーチェンジ前後での大きな変更点の一つです。

快適性まで向上

これまではエクステリアの話でしたが、内面も変わりました。

例えば、リアバンパーを低重心化。見た目ではあまり変化が分からないかもしれませんが、低重心にする事で走行安定性のみならず、吸遮音性まで改良され、車内空間がより快適になりました。また、ボディ剛性の強化により、走行の安定感を生み、操作性も向上。自分の意思をよりダイレクトに伝えられるようになり、運転を楽しめるようになりました。

見逃せないのがエアロスタビライジングフィンと、エンジンアンダーカバーです。整流フィンを追加した事により、空力性能が高まりました。低燃費はもちろんですが、車両の安定性も向上するなど、より快適なドライブを約束してくれます。

レクサスCTのエクステリア・内装

レクサスCT
カスタマイズできるボディカラー

車内の乗り心地と静寂性にこだわるために、走行中のロードノイズと、路面の凹凸部分の走行でも突き上げ感が軽減される設計されています。

レクサスCTのボディカラーは11種類からで、インテリアもパターンが多いので自分好みに仕上げることができることはもちろん、一つ一つが高級感とこだわりのあるパーツなので、自分好みにレクサスCTをカスタマイズすることができます。

レクサスCTの乗り心地の秘訣

また、どうしてレクサスCT200hの乗り心地が良いのか…。その理由は、レスポンスの良さにあります。

ステアリングの精度はエンジニアがこだわり、ボディに僅かな歪みや、たわみが出ないように部品を作成したり、ステアリング操作を計測するなどして徹底的に追及しました。その結果、ドライバーの手足のように操作できるので直線でも急なカーブでさえもストレスなく動きが付いてくるのです。

このストレスフリーなドライビングができるということでドライバーの満足感・高揚感が溢れてきます。

また、コックピット内、シフトレバーは電気式でスマートな設計となっています。シートも、スピードを出している時でさえ自分の身を委ねられるようなゆったりと、しっかりとした作りになっていることも乗り心地の秘訣です。

レクサスCTの走行スペック

モードを「選べる」楽しさがある

レクサスCTの走行スペックを見てみましょう。

まずは出力ですが、エンジンは99psで5,200rpm。モーターが82psなので合計で181psになります。トルクはエンジンが142M・m/4000rpm、モーターが207N・m。それぞれ14.5kgf・mと21.1kgf・m。これらの数字だけで判断すると、「物凄く速い」とは言いませんが、決して遅い訳でもありません。

ですが、レクサスCTの走行性への評価は高いです。その理由は車重にあります。

高級車となるとどうしても重量が重くなってしまうのですが、レクサスCTは1,400kgから1,460kg。自動車の世界ではエンジンを強化するよりも軽くした方が速くなると言われていますが、同じレクサスの、ISが1,690kg。競合でもあるBMW X1が1,545kgから1,685kgである点を考えると、レクサスCTはかなり軽いモデルであることが分かるはずです。

レクサスCTの走行性を語る上で欠かせないのが、モードを選べる点です。モーターのみの走行になる「EV」モードと、通常走行の「ノーマル」モード、モーターの電圧を昇圧し速度を出す「スポーツ」モード、そしてエンジンを抑えて運転する「エコ」モード。

これらのモードが用意されていますので、状況に応じたモードを選択出来ます。渋滞中はエコ、空いている高速道路ではスポーツ、ちょっとした送迎はEV…といったように、選ぶ楽しさがあるのもレクサスCTの特徴です。

レクサスCTはハイブリッドカーなため、ノーマルの運転でも十分に低燃費ですが、エコにする事でより低燃費な運転が可能になります。反面、スポーツモードにした時はハイブリッドカーとは思えないポテンシャルを発揮してくれます。

レクサスCTスポーツモードの時のスペックは?

スポーツモードになると、モーター駆動電圧を500Vから600Vへ昇圧します。簡単に言えば「リミッター解除」のようなものです。昇圧する事によってより多くの電気エネルギーを使用出来る状態としますので、運転がよりパワフルになります。

スポーツ走行時はさすがに燃費も少々悪くなりますが、引き換えにハイブリッドカーとは思えないパワフルな走りを得られます。

レクサスCTはコンパクトカーに分類される事もありますが、あくまでも「高級車」の中での話であって、4,350×1,765mm×1,430mm(全長×全幅×全高)は、日本の道路事情で考えたら決して「コンパクト」ではありません。エンジンとて1.8Lです。コンパクトカーだと思っていると、その走りに驚かされることでしょう。


つまり、走りを楽しみたい人や、そのような状況の時にお勧めしたいのが、エコモード・ノーマルモード・スポーツモードで、このモードではレクサスCTで機敏な走りを体感することができます。さらに、加速のレスポンスの良さと心地よい加速感でレクサスCTと一体になれる感覚を味わうことができるのです。

レクサスCTの燃費

レクサスCTのパワートレーンは3代目プリウスとほぼ同じもので、燃費は26.6Km/Lから30.4Km/L。

この数字は高級車としてはまさに「驚異的」な数字となっています。「燃費の良い高級車」というニーズに応えている世界で唯一のモデルと言っても決して過言ではありません。

低燃費の秘密は、車重の軽量化。プリウスと同じハイブリッドシステムはもちろん、車重ボンネットフードやバックドアに軽量なアルミ合金を使用することで、軽量化を意識しています。また、空力面では、2BOX形状においてトップクラスのCd値を実現しています。

更にはドライブモードセレクトも搭載。スポーツやエコ、ノーマルの他に「EV」も用意され、EVモード時は82psのモーターの身での走行となります。もちろんガソリンを消費しない走行になるので、更に経済性が高まります。

レクサスCTの環境性能

環境に優しく低燃費なレクサスCT
レクサスCT

ハイブリッド車でガソリンと電気両方のエネルギーを使い走行するCT200hは、CO2排出量も削減され、少ないエネルギーでよく走る環境に優しい車と言えます。

エコドライブを心がけたいけれど、エコドライブをしているかどうかというのはなかなか目に見えて分かるものではありませんが、CT200hではナビシステムやオーナーズサイトを利用するとエコドライブのレベルが一目見てわかるデータとなって表れます。

車の燃費が分かると同時にエコについて考えるきっかけともなり良い機能です。

また、先述の通り、レクサスCT200hには4種類の走行モードから選べます。

エコモード・ノーマルモード・スポーツモードの3つ。そして、4つ目が夜間や早朝住宅街を静かに走行したい時に有効なEVモードです。

周りへの配慮を忘れないレクサスモデルこそ、レクサスCTですね。

次ページレクサスCTのフルモデルチェンジの噂の真相は!? グレード詳細と中古価格も!

関連キーワード

この記事をシェアする