けん引力750kg!? 三菱 デリカD:5の卓越した走行性能の秘密とは?

常に最適な変速比を自動的に選択するINVECS制御を採用

三菱デリカ D:5インパネシフト 

デリカD:5のトランスミッションには全車、INVECSシリーズが採用されています。ガソリン車には、滑らかな加速が楽しめるINVECS-Ⅲ CVTを搭載。ディーゼル車には、急勾配の登降坂路や牽引時に便利なLレンジを備えた、INVECS-Ⅱ 6速スポーツモードA/Tを搭載しています。

ともにパドルシフト装着車※には、スポーツモード機能を設定し、よりダイナミックな走りを提供します。

パドルシフトはマグネシウム合金製

三菱 デリカ D:5パドルシフト

6速スポーツモードATには、ステアリングホイールから手を離さず指先でできるパドルシフトが採用されています。

シフトレバーを操作することなく、すばやく軽快なシフトチェンジが行えます。素材は、質感の高い軽量・高剛性のマグネシウム合金製で、スポーティな雰囲気をいっそう高めています。

操縦安定性と乗り心地を重視したサスペンション設計

デリカのフロントサスペンション

三菱デリカ D:5 フロントサスペンション

フロントはマクファーソンストラット式。リヤには、クルマの上下動や制動時、旋回時などでさまざまな力が加わった際も、正しい姿勢を確保できるトレーリングアーム式マルチリンクサスペンションを採用し、より高レベルの操縦安定性と乗り心地を実現しています。またワイドトレッドにより、旋回性能も向上しています。

ちなみに デリカD:5の最小回転半径は5.6m(4WD)です。ボディサイズの割には小回りが利くといってよいでしょう。(2WDは5.7m) 

取り回しに優れ、駐車場や狭い道でも、比較的スムーズに運転ができます。

デリカD:5 のために専用開発されたタイヤを装着

デリカ 専用開発タイヤ

三菱デリカ D:5 専用開発タイヤ

パワーパッケージ、プレミアムなど上級グレード(4WD)には、専用開発された225/55 R18の大径タイヤ(マッド&スノー)を採用し、どの席に座っても快適な乗り心地を実現しています。18インチアルミホイールは、表面を切削加工し、光輝処理を施し、高級感を演出しています。

アクティブスタビリティコントロール(ASC)

デリカD5

デリカD:5にはASCが全車標準装備されています。このシステムは滑りやすい路面や急なハンドル操作による車両の不安定な動き・車輪のスリップを防ぎ、安定した走行をサポートするもので、車両に設置された各センサーによって横滑りなどの不安定な動きを感知すると、4輪のブレーキ、エンジン、4WDシステムを自動的にコントロールします。コーナリングの際、急なハンドル操作を行った場合や、路面が滑りやすい時でも、車両の動きを安定させて走行中の安全を保ちます。

※2WD車は、4輪のブレーキとエンジンを自動的にコントロールします。

また、雪道などのスリップしやすい路面で発進する際、駆動輪のスリップを感知すると、スリップした車輪にブレーキをかけるとともに、エンジン、トランスミッションを自動的にコントロールして、スムーズな発進加速を可能にします。さらに、4WD車では低速時からトラクションコントロール制御を行います。

クリーンディーゼルの低速トルクがすごい

三菱デリカ D:5 クリーンディーゼル グラフ付き

2012年にデリカにも追加されたクリーンディーゼルエンジンはとてもパワーのあるエンジンです。低回転域から36.7kgf-mの高トルクを発生。アクセルを軽く踏んだだけで高速の上り坂でも余裕たっぷりです。また、クリーンディーゼルエンジン搭載車はけん引力も750kgまでOKなので、ジェットスキーや小さ目のキャンピングトレーラー、バスボートなども余裕でけん引できます。(けん引免許不要)

パワフルなディーゼルエンジンのおかげで大型レジャーグッズの牽引も楽々。アウトドアレジャーの世界がどんどん広がりそうです!

この記事をシェアする