ホンダ S660をとにかく早く手に入れるには?新車価格と納車状況を調査!

ホンダ S660の新車価格

最近では軽自動車の高額化が進んでおり、ワゴン系のモデルでは最上級グレードが200万円に迫るものも少なくありません。

そして、軽オープンスポーツという趣味性の高いS660の価格は198万円~238万円と最上級グレードは200万円を大きく超えています。

「β」

ホンダ S660


<S660>全国メーカー希望小売価格

6MT 1,980,000円
CVT+パドルシフト 1,980,000円

「α」

ホンダ S660

クルーズコントロール、ステンレス製スポーツペダル、本革巻ステアリングホイール、スポーツレザーシート(本革×ラックススエード)、インテリアパーツにクロームメッキを採用。

DOHCターボ 6MT 2,180,000円
CVT+パドルシフト 2,180,000円

<S660 CONCEPT EDITION>

ホンダ S660

6MT 2,380,000円
CVT+パドルシフト2,380,000円

ライバル車のコペンと比べると?

ダイハツコペンの価格は1,852,200円~2,127,600円という価格帯なので、S660はコペンよりも約15~25万円ほど高くなっています。

ちなみにコペンはFF、S660はMR(ミッドシップエンジン・リヤドライブ)レイアウトを採用しており、エンジンはともに660㏄の直列3気筒ターボを搭載。最高出力は同じでもパワー感など全体的にS660のほうがスポーティな仕様となっています。

そして、価格を比較すると?(価格はS660発表時。CVT 、MTともに最安値モデル)

■CVT

<コペン>179.8万円
<S660>198万円

→S660が約+18万円

■MT車

<コペン>182万円(5MT)
<S660>198万円(6MT)

→S660の方が+16万円高

S660の納期について

「次回のオーダー受付は2016年5月を予定」とあるのは、ディーラーがメーカーに対して発注をするタイミングのことで、S660が欲しい人は2016年5月まで待ってからディーラーへgo!! という意味ではありません。ユーザーがディーラーにオーダーするのは早ければ早いほど納車時期も早くなるので、1日でも早く納車してほしければ、とにかく一刻も早くディーラーで注文するのが賢い選択。

しかし、S660は人気車種で生産台数も1日50台以下と少ないため、1店舗あたりのオーダー台数はその都度決められています。その枠がいっぱいになればまた次回のオーダーに回されるケースも少なくないのです。注文が1日違うだけで納期が1か月遅れる…ことも珍しくないようです。逆に運よくキャンセルが出た場合などは、納車の予定が3-4か月早まるケースもあります。

新車より高い中古車なら、即納可!

ホンダ S660

ふつう、中古車の価格は新車よりもリーズナブルになりますが、納車まで時間がかかっている車の場合は、プレミア価格がついて新車価格より高い価格となって中古車市場に出回る場合があります。中古車情報サイトのガリバーによると、まさにS660 も今、その状況です。

納車までの数か月を待たずに即納できるのが中古車の魅力です。納車まで待ちきれない!!という人は検討してもよいかもしれませんね。価格はボディカラーによって大きく違っており、白や黄色は高め、赤は比較的リーズナブルです。以下に紹介する中古車は新車価格+約9万円。諸費用を考えたらかなりお買い得な1台といえるでしょう。

S660 α 平成28年式(2016年式) ID:51245365

こちらの価格は227万0160円。2016年1月に登録されたばかりで、走行距離わずか105キロとほぼ完全な新車です。装備充実の上級グレード「α」です。ボディカラーがOKならば、かなりお買い得な1台。何か月も待たずに即納できるメリットも大きいですね。

いま、市場に出回っているS660の中古車はほぼ新車。中には300万円近い値段をつけているモデルもあるようですが、ボディカラーによる価格の違いが大きいようです。ものにもよりますが、赤は狙い目が多い可能性があります。

一期一会で早い者勝ちな中古車市場。頻繁にチェックしていれば、このような中古車に出会える可能性も多いにあります!検討の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

この記事をシェアする