カローラフィールダーの特別仕様車「AEROTOURER(エアロツアラー)」「W×B」の魅力とは?

カローラフィールダー「エアロツアラー」は1.5Gとハイブリッドモデルに設定

特別仕様車エアロツアラーは1.5Lエンジン搭載の上級グレード「1.5G」全車とハイブリッド車に設定されています。

ハイブリッドGと、1.5Gの2WD Super CVT-I,  2WD5速マニュアル,  4WD Super CVT-iをラインナップしています。 特別仕様のポイントはエクステリアのみで、ドットパターンフロントロアグリル(メッキ加飾付)、フロントフォグランプ、リヤロアガーニッシュ(ディフューザー形状)、ルーフアンテナ(シャークフィン)の4つのアイテムが標準装備されます。

カローラフィールダー 前面
カローラフィールダー
カローラフィールダー 後面
カローラフィールダー
カローラフィールダー 内装
カローラフィールダー

ベース車両との価格差は?

1.5G“AEROTOURER” (2WD Super CVT-i)は198万9163円、ベースモデルの1.5Gは192万2400円なので、価格差は6万6763円となります。比較的リーズナブルな価格でスタイリッシュな外観が得られるのでお買い得モデルといえるでしょう。

ほかに1.5Gに標準装備される、アイドリングストップ機能、Toyota Safety Sense C、リバース連動機能付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(サイドターンランプ+ヒーター+レインクリアリング機能付)、「ナノイー」オートエアコン(花粉除去モード付)&プッシュ式ヒーターコントロールパネル、蓄冷エバポレーターなども1.5G“AEROTOURER” (2WD Super CVT-i)に標準装備されます。

またハイブリッドG“AEROTOURER”には、16インチアルミホイール(ベース車は15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)となります)も標準装備されます。価格はハイブリッドG+74618円なので、約7000円で16インチアルミホイールが装備されるのでお買い得度はハイブリッドモデルのエアロツアラーのほうが大幅アップということになります。

カローラフィールダー「W×B」ってどんな車?

カローラフィールダー

かつて、「AEROTOURER・W×B(ダブル バイ ビー)」という特別仕様車があり、大変好評なモデルでした。

そこで、2015年3月のマイナーチェンジを機会に「W×B」を独立したグレードとして販売されることになりました。簡単に言うと、エアロツアラーをベースにさらに上級仕様としたのが「W×B」となります。ホイールは2WD・4WDともにアルミホイール、ヘッドランプはバイビームを装備。主な特別装備は以下をご覧ください。

・16インチアルミホイール 2WD車
・15インチアルミホイール(ダークメタリック塗装) 4WD車
・ドットパターンフロントロアグリル(メッキ加飾付)
・Bi-Beam LEDヘッドランプ(LEDクリアランスランプ+ブラックエクステンション)
・フロントフォグランプ
・本革巻き+ピアノブラック加飾+ステッチ付3本スポークステアリングホイール
・シートは標準の「ファブリック+合成皮革」に加えて「合成皮革」の選択が可能、シート色はホワイト
※こちらはメーカーオプションで+32,400円となります。

カローラフィールダー

シート表皮はエアロツアラーのスエード調トリコットに対してW×Bはファブリック+合成皮革が標準となっています。さらに「W×B」の名前の由来ともなっているWHITEの合成皮革シートの選択も可能。このホワイト色の合成皮革シートが選択できるのは、「W×B」だけです。

ベース車との価格差は?

W×Bは実質的にエアロツアラーをベースにしたモデルとなります。価格を比較してみると…

1.5G“W×B”(2WD):2,114,837円
1.5G“AEROTOURER”(2WD・CVT):1,989,163円
1.5G(2WD・CVT):1,922,400円
 
エアロツアラー+12万5674円、1.5G+19万2437円となります。

カローラフィールダー HV G エアロツアラー W×B平成26年式(2014年式)

こちらはカローラフィールダー HV G エアロツアラー W×Bの平成26年式(2014年式)です。

カローラフィールダー
カローラフィールダー

W×Bのエクステリア・インテリアはこのようなイメージです。外観はさらにスタイリッシュになり、内装に合成皮革が使われるなどゴージャスな雰囲気も出ていますね。

カローラフィールダーのエアロツアラー、W×B。どちらも始まりは特別仕様車でしたが、現在はグレードとして独立して選択できるようになっています。

外観重視ならエアロツアラー、内装もグレードアップしたいならW×Bという選択ができますね。

この記事をシェアする