ライバルセダン、トヨタ「マークX」とスバル「レガシィB4」を比較!買うならどっち?

トヨタ「マークX」ってどんな車?

マークX

「マークX」は、かつてトヨタから販売されていたミドルサイズセダン「マークII(MARK II)」の後継車種として2004年に登場しました。現行モデルは「コロナマークⅡ」「マークII」時代から数えると通算11代目。トヨタを代表するスポーツセダンです。(マークⅡも始まりはコロナ・マークⅡから独立した車種)

マークⅡ時代は「ハイソカー」として、兄弟車のクレスタ、チェイサーとともにマークⅡ三兄弟として人気を集めました。そして、2004年からは「マークX」と車名を変え、それまでの正統派4ドアセダンスタイルから大幅に印象を変えました。4ドアセダンであることには変わりないのですが、片側3連プロジェクター式ヘッドライトやグリルに刻まれた「X」の文字も斬新な印象を与えました。全高は前モデルとなるX110系マークⅡよりも30-40ミリ低くして、エッジのきいた精悍なスタイルとなり、「走り」も重視した大人のためのスポーツセダンのイメージを全面に押し出しました。

現在のモデルで2代目

マークX

現行マークXは2009年発売の2代目となります。ポイントはウェイトバランスの黄金比率とわれる前54:後46という重量配分を実現していること。マークXのアイデンティティでもあるエンジンを前方に配置し、後輪で駆動するFRパッケージによって生み出された理想的な重量バランスによって、俊敏なハンドリング、卓越したコーナリング性能を高めています。ボディサイズは全長4,750mm×全幅1,795mm×全高1,435-1,445mmとミドルクラスセダンとしての使い勝手を考えた快適サイズに収まっています。最小回転半径は2WDで5.2m、4WDで5.4mとFRならではの小回り性能の良さを発揮しています。

エンジンはいずれもV6 DOHCで排気量3.5L(318PS)と2.5L(203PS)の2種。グレードは、エンジン種類や装備の違いでプレミアム・スポーツ・スタンダードの3種をラインナップしています。

レガシィB4はどんな車?レガシィツーリングワゴンの廃止後…

レガシィB4

同じミドルサイズでのスポーティセダンとしてマークXと比較されることの多いスバル・レガシィB4。現行モデルはレガシィとしては6代目となりますが、6代目よりかつてのレガシィツーリングワゴンはレヴォーグに継承されたので、レガシィの名がつくのはセダンタイプの「B4」とクロスオーバーSUVの「アウトバック」の2タイプのみとなっています。

ボディサイズは全長4,795mm×全幅1,840mm×全高1,500mmと、すべて全長、全幅、全高すべてにおいてマークXよりも50mm前後大きくなっています。見た目以上に室内は広く、シートは形状から体圧分布に至るまで最適化し、ロングドライブでも疲れにくい理想的な座り心地を提供しています。さらに前席の肩・肘周りに適度なゆとりを持たせるとともに、後席足元にも十分なスペースを確保。ドア開口部は前後ともに広くとられており、乗り降りのしやすさも実現しています。

2.5ℓ 新世代BOXERエンジンを搭載

レガシィB4

レガシィB4のグレードは「LEGACY B4」「LEGACY B4 Limited」の2つでエンジンはいずれもスバルのお家芸である水平対向(BOXER)エンジンFB25型を搭載しています。最高出力175PS。最大トルク24.0kgf・mを発生。軽量・コンパクトかつ低重心な構造がもたらす、軽快でスポーティなハンドリングには定評があり、物理の法則に裏付けられた高い基本性能が、他では味わえない興奮と気持ち良さを生み出します。安全性能もさらに強化され、すでに旧モデルで採用されていたEyeSightは広角、遠方、カラー認識も実現したEyeSight(ver.3)に進化しています。

ラグジュアリーでスポーティなマークXと水平対向エンジンならではの安定した走りと先進安全性が魅力のレガシィB4。どちらもそれぞれにキャラが立った魅力的なセダンですね。

関連キーワード

この記事をシェアする